メールを送る
ホームページをご覧いただきありがとうございます。
感想、ご意見など お気軽にお寄せいただけたら うれしいです。



   E-mail  ebisunosato@yahoo.co.jp
クリックしてね!

田舎暮らしを考えています。
恵比須の郷のホームページを興味深く拝見しました。現在、移住先を模索してい
る所ですので、詳しい情報や連絡先等をお知らせ下さい。


相互リンク誠にありがとうございました。
すばらしいHPですね。

まさに地元学といった感じで、いなかとういう物に価値をつけたというか、いなか の総合的、文化的なHPですね。参考になります。


よくできたホームページです。
自分は古川出身なので大変懐かしく感じました。

古川から自転車で高野を通って畦畑へ、そこからさらに右に下ってゆくと笹ヶ洞です。そして信包を経てまた古川へそれが中学校時代のちょっとしたサイクリングコースでした。もう何十年も前の話です。時代は進んでインターネットで遠く離れたところからそこが覗けてしまうのです。いい時代になりました。これからもすばらしい情報を地域の活性化のためと、心が曇っている都会人に発信してください。
期待しています。


 更新された内容とっても良いです。
地域ぐるみの活動内容の細かさ・何と言っても写真(花)の綺麗な事には、驚きました。
プロ顔負けでは無いでしょうか。とても地域活動される方々の参考になると感じました


 HP拝見いたしました。とてもすばらい内容かと思います。
 このように集落そのものを情報提供するというHPは、これがはじめてだと思いますし、農村地域の情報提供といった面では、すばらしいHPだと思います。

 さて、当課では、今月の農業技術というページを、県庁のHP内にて運営しており、その有用なリンク先として、リンクさせていただけないでしょうか。(福井県農林水産部)


恵比寿の郷は大変面白く、あっという間に全部見させていただきました。
とても素敵なページです。飛騨から世界に向かって新鮮情報ドシドシ発信してください。応援します。


 笹ケ洞区のホームページ見ました。区でホームページを作るなんてすごいですね。

私の住んでいる藤瀬区でも参考になることいっぱい。区費の徴収方法も稼動がかかり大変なのですが
パソコン処理で口座落としをやっているとのこと。とてもうらやましい限りです。
私も去年区長をやりパソコン処理で口座落としを提案したのですが実行できませんでした。その他の項も大変面白く見させていただきました


 私の住んでいるところは、揖斐川町なんですが、スキー場も近くにあり
結構自然には、恵まれているところです。
飛騨といえば、下呂や高山へは、遊びに行ったりする事がありますが、
古川は、名前は聞いた事はあっても実際に訪れた事がありません。
秋になると、紅葉がきれいだし、日帰りで帰ってこれる所なので、ホームページに紹介してあったりんご湯にも行ってみたいです。


 お便りしてみます
   最初にでてきた祭りのページが 幼い時みた実家の
   祭りと似ていて懐かしく 思いました。
   
   名人の捕獲した熊にもビックリしたり
   おみくじが「半凶」だったのでガックリしたり
   楽しく見させてもらいました


メールマガジンinsiderの高野 孟氏が「現代農業増刊」からの紹介をされた
記事から貴地区のHP「恵比須の郷」を知り、とても面白く拝見しました。
その内に時間をつくって皆さんの「恵比須の郷」もお訪ね致したくその節は宜しくお願い申し上げます。


「インサイダー」編集長の高野 孟さんが、下記のように彼の個人通信「農と言える日本・ 通信」で紹介してくれました。

(農と言える日本・通信より)
●「恵比須の郷」のホームページがすごい!
『現代農業増刊』の甲斐良治編集長からのお知らせによると、岐阜県飛騨地方の古川町・笹が洞地区のたった32戸の集落が、住民全員参加による自治組織の運営に取り組みつつ、「田舎暮らし」「帰農」の呼びかけを発していて、このほどその活動を余すところなく紹介する抜群のホームページ「恵比須の郷」を開設しました(http://www6.plala.or.jp/ebisunosato/)。

以前に本通信で報告した大
分県竹田市九重野地区、『現代農業増刊』増刊「地元学とは何か」に紹介されている三重県飯高町波瀬地区など、あちこちで地区レベルから農村を再生させよう
とするたくましい動きが始まっていることに注目したいと思います


恵比寿の郷のホームページ拝見させていただきました。
いや〜、とても人の温かさの伝わってくるホームページでした。

地区のすがたを180度のパノラマ撮影で撮ってのせておられたり、ホームページでおみくじを作るなどアイデアにも関心しましたし、地元よりのひとこと」や「災害手記」など皆さんの生の声が反映されていて皆さんの顔が見えてくるような感じが致しました。
実はつい最近、飛騨古川に立ち寄ったのですが、恵比寿の郷をまた訪れたい気持ちになりました。
「まちづくり」ではそこに住む人々の地域を考える想いが一番大切だと
思いますが、「恵比寿の郷」ではバッチリそうですね。さらに素敵なホームページができることを、そしてそれを通じて素敵な「郷づくり」に繋がることをお祈りしています。

                             町づくりNPO政策研究所


こんにちは!

早速、HP拝見しました。
ん〜すごい!うらやましいぐらい楽しいページがたくさん!笹が洞区はステキな集落ですね!笹が洞の写真は軽くて鮮明で、うらやましい!


小さな集落からこれだけの情報が発信されることに驚きます。
また、○○名人など地域のありのままの姿きちんと訴えることで人を引きつけることが出来るのだなと改めて「地域再発見」の大切さを感じました。


 ホームページ拝見させていただきました。特に村芝居の写真は私にとっても懐かしく拝見いたしました。当地の出身ではありませんが、私も16歳の時に祭礼の余興で村芝居をしたことがあります。自分のこととダブらせて拝見いたしました。楽しい写真有難う御座いました。


 島根県匹見町澄川自治会です。 
ホームページを拝見して本当に感心しています。地域の情報発信もなかなか難しいものですが、貴ページ゜を拝見していると、生き生きしている地域の様子が伺えて不思議と当方にも元気が出るくるように気がします。
貴ページを参考にさせていただきなから当方も情報発信に向けてがんばっていきたいと思います。


古川は歴史のあるところですね。
高山に向かう途中、迷い込んだことがあります。訪ねてみたいところです。


ホームページ楽しく見せていただきました。32戸の集落の皆さんの努力のたまもので、なかなか良いできばえで関心しております。テーマもいろんなジャンルに及び、生活感にあふれイキイキとしている様子が伝わってきます。
 
 方言教室もなかなか良いですね。まめかな・・の答えをクリックすると、ほのぼのとするカットに笑顔になります。そんな細かな心遣いが嬉しいです。

 読み終えた後の、さわやかさと満足感を味わせていただきありがとうございました。これからも、さわやかな情報発信を続けてくださいね。


ホームページご覧いただきありがとうございます。

早速、リンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。
尚、当地でも、古川出身の方がおりますので、楽しみにします。


 畦畑区の大下です。貴区のホームページを見せて頂きました。
大変良く出来ているので驚きました、私も貴区とは、古い付き合いがあります、
特に城跡には、子供時代祭りの翌日に,ジュース等を持って登りました。
又、昔の写真を、母に見せたところ、懐かしく見ておりました。


「恵比須の郷」拝見いたしました。
訪問者を飽きさせず、すごいの一言です。また訪れたいとおもい「お気に入り」 に入れました。


推薦してもらったHP、なかなか面白かったです。特に恵比須の郷の方、わかりやすくていいですね。ほのぼのとしてきます。パノラマ写真がよいです。行ってみたくなりました。

リンクフリーです!   リンク用バナー  コピーしてお使いください


山は深く、水は清く、花は美しく、光景を撮った写真から、本当にいい所だと思いました。大和高原の中山間地に住んでる私も、正直、うらやましい環境だなって思いました。自然と正面から向き合う暮らしは、大変な時もありますが、それを、大きく上回るものがあると感じています。田舎で生きるって、本当にすばらしいですね


めぐる季節の写真(それもパノラマ)に「これぞ田舎の風景」を堪能しました。
中途半端な田舎(田舎の風景を残しながらも、生活は都市型そのもの)が多い中、自立した田舎の力強さとおおらかさ、そして誇りを感じとることができました。いろんな名人に会ってみたいですね。


素晴らしいサイトを拝見して、嬉しくなってしまいました。すごい「郷」がありますね。いろんな地方自治体のサイトって、見ていて「おもしろい!」って思うものが少ないと思うのですが(失礼!)ここは、一味違います。見ている人に元気をくれるような、魅力がいっぱいに伝わってきます。こうやって、田舎暮らしの誇り、魅力をいっぱいに発信してくれるサイト、都会からの新参者も温かく迎えてくれる雰囲気って、今の世の中にとって本当に嬉しいものだと思います。

 
集落全体が活気に満ち溢れているようです。
HPからも明るさと活気がびしびし伝わってきます。
構成もしっかりしていて、ついつい次のコンテンツへと進んでしまいました。


 日本列島のほぼ真中、庭先に源氏ホタルが舞い、江戸時代からずーっと30〜40戸の世帯数のまんまの飛騨の中山間地にこんな村が今も在る。
もちろん水も空気もおいしく、村共同体の歴史も伝統も魅力をもって伝わってくる。
それだけでなく(たんに癒されるだけではなく)このHPは、そんな小さな村の現実、現状を通して忘れかけている大切なことを蘇らせ、それぞれが生きている現実の中で常に日々新しく生きよと呼びかけてくる。

 まさしく絵に書いたような農村集落。世帯数32戸、人口120人の「笹ケ洞」(ささがほら)のホームページ。区の組織にホームページ担当がちゃんとある。色んな意味で時代の最先端を行っているのはここかもしれない。


 江戸時代から村全体で約30戸とほとんど変わらず生活されているのに驚きました。
高齢率が全体の30%と確かに高いと思いますが、HPを拝見するに、老若男女が活き活きと生活されている姿がうかがえます。
都会に住む者には、すごく懐かしく一度行きたい、村の人に会ってみたいと思いました。
新住民をあたたかく迎えてくれそうな雰囲気がでているところがよかったです。


 「新住民の声」にあった内容を読みました。季節感を肌に感じながら生活することの素晴らしさを改めて感じると共に、その生活を支える仕組みがこの郷にしっかりと備わっていることに驚きました。


  なんといってもお祭りに感動。ここの男の人たちかっこいい!って思った。
個人的には昭和史が好き。あと、囲炉裏とかにもどきどきした。とにかく歴史あるものって凄いって思った。こんな街に住むっていう選択肢って絶対ありかもって思った。


 トップページの獅子舞の写真にまず、目を奪われました。そして、これがあの(うちの父が大好きなんですー)白川郷かーーーと妙に感慨深くなりました。コンテンツもびっくりするくらいあって、こんなに自慢できるふるさとがあるって羨ましいなーと心から思いました。七不思議のコーナー、おもしろかったです。どんどん読み進めてしまいました。こういう昔話って、ちゃんと伝えていきたいなーって思ったし、このサイトをたくさんの人にみてもらいたいって思いますね。

 「この道名人」。集落の宝ですね。
「お前百まで、わしゃ九十九まで。ともに、白髪の生えるまで。」
皆さん、元気にいい年をとれるよう若いもんも頑張りましょう。
 るいネットの厳選サイト掲載<恵比須の郷>に投稿のあった記事を掲載しました。
<みなさんからのお便りを以下に掲載しています。>
すぱーふるのりんご湯