新緑の6月 気のおもむくままブラリと出かけた。
昨年トロッコ電車で終点駅欅平に向かう途中、中間駅鐘釣で降りる客が結構いたのが気になっていた。
 いったい何があるんだろう?きっと、魅力的なものがあるに違いない!・・・との思いがあった。
 調べてみると、あった!あった!これだ!
万年雪が見られる展望台。川底からは温泉が!!
河原で露天風呂に入れる。
というわけで、出かけました。
トロッコ電車には、いくつか種類があり天井からも見晴らしの良いパノラマ、リラックス車両、デラックスな特別車、普通車両の4種類あります。1時間の乗車になると、やっぱり背もたれがある特別車両が楽ですね。
ありました!河原の露天風呂・・・アベックの先客がありました。写真右上では、別のカップルが足湯を楽しんでいました。この後、男ばかり5人が乱入し右の露天風呂でビールを片手に乾杯!
興味津々・・・・ 下をのぞいてみると!
岩の間に、露天風呂がありました。かなり急な石段です。胸の辺りまでつかる深さで、お湯は河原の温泉より温かくて気持ちが良いですよ。
ブルーシートの簡易脱衣場があります。
中央の大きな石のすぐ下から、かなりのお湯がゆらゆら湧き出しています。時を忘れて、リラックスしついウトウト寝てしまいました。
これが、黒部第2発電所。直線ラインがきれいな設計で有名です。
有名な万年雪展望台。日本語と韓国語の表示があります。昨年の雪ではなくて、その1年前に降った雪が谷をずり落ちて河原に堆積しています。
何か幾何学的な模様を感じさせます。残雪の表面を拡大してみました。
鐘釣温泉の守り本尊「鐘釣三尊像」の薬師堂です。駅から7分。
河原の露天風呂を後に、少し上流へ向かいました。深い谷が迫ってきます。荒れた河原が急流のすごさを感じさせます。