黒部ダムは186mの日本一の高さを誇るアーチ式ドーム越流型のダムで、堤頂長492mで総貯水量約2億立方メートルの超巨大なものです。発電所などは10km下流の地下150mのところに設置されています、これは冬期の雪害防止と中部山岳国立公園の自然景観維持の観点からです。建設された時期は昭和31年〜38年6月で関西電力が当時の金額にして513億円の工費と延べ1000万人もの人手を投入しました。
レストハウスと併設の「くろよん記念館室」と「黒部の湧き水」はオススメ!

それでは、これで立山黒部アルペンルートの案内を終わります。最後まで、お付き合いいただき、ありがとうございました。(左手に持っているのは、〇〇ツアーの誘導旗です)
 これに懲りず、次回のツアーレポートにもご参加下さい。
黒部ダムから扇沢駅までのトロリ−バスです。
171人の犠牲者をだした難工事
くろよん開発の歴史
飛騨山脈(北アルプス)のほぼ中央(長野・富山・岐阜の3県の県境付近)、鷲羽岳を源とし、立山連峰と後立山連峰の間の深い谷"黒部峡谷"を流れ日本海に至る黒部川。
水量が豊富で、しかも河川勾配が急峻であることから、大正時代より水力発電に適した川として注目されていましたが、険しい地形・冬の厳しい気候が人を寄せつけず、また中部山岳国立公園に指定されていることもあり、開発は容易ではありませんでした
くろよんとは、黒部川第四発電所と黒部ダムの総称です。第2次大戦後の経済復興の本格化に伴い、昭和20年代後半より日本は深刻な電力不足に悩まされていました。特に関西地方では、昭和26・27年にかけて長期の電力使用制限を行い、大きな社会問題となっていました。

当時特に深刻だった関西地方の電力不足を解消するため、関西電力がまさに社運をかけたこの建設プロジェクトは、「世紀の大事業」として語り継がれることとなります。

黒部トンネル掘削
現在立山黒部アルペンルートの玄関口で関電トンネルトロリーバスの発着駅である扇沢から後立山連峰赤沢岳直下を貫き黒部ダム建設地点に至る大町トンネル(5.4km 現在の関電トンネル)の掘削工事が、昭和31年10月より急ピッチで進められることになりました


大町トンネルの掘削工事は全断面掘削機(ジャンボ)など最新鋭機材を導入し、順調に進められました。それまでのトンネル掘削日進記録を次々と塗り替え、厳冬期も休まず続けられました。
ところが、昭和32年5月1日、トンネル入口から約2,600m掘り進んだところで、突然地盤が盛り上がり、鉄製の支柱が押し曲げられ、トンネルは危険な状態に陥りました。同時にトンネル先端が崩れ落ち、100立方mの土砂を押し出し、毎秒500Lもの地下水が噴出してきました。
くろよん開発最大の危機に直面することとなります。


破砕帯にぶつかる
トンネル工事は、「破砕帯」にぶつかり最大の危機を迎えてしまいます。
黒部峡谷付近は、フォッサマグナに近く地層が複雑なところだといわれています。 破砕帯とは、岩盤のなかで岩が細かく割れ、地下水を溜め込んだ軟弱な地層のことです。
湧水の温度はわずか4度と身を切るように冷たく、最大勇水量はなんと毎秒660L。
それでも少しずつ工事は進められていましたが、破砕帯にぶつかった2ヶ月後の7月、大量の湧水と土砂崩壊に見舞われ、ついに掘削作業が不可能となってしまったのです。

苦難の破砕帯突破
破砕帯突破のため、当時の地質学会・土木学会をあげ、もてる知識と経験を結集し、徹底的な検討と研究がなされました。また関西電力社内外にも「くろよんに手を貸そう」を合言葉に支援の輪が広まりました。
そして工事は再開されました。トンネル本坑の周りに水抜き用のパイロットトンネルを堀り、そこからさらに水抜きボーリングを行い、また特別な薬剤やセメントを注入し、本坑の周囲を固め土砂崩壊と湧水を防ぐ。こうした対策を粘り強く施し、掘削は進められました。
掘削した水抜き用パイロットトンネルは10本、その総延長約500m、水抜き用ボーリングの総延長2,900m、注入した薬約136,000L、セメント注入約230t。
そし7ヶ月にわたる苦闘のすえ、昭和32年12月ようやく破砕帯を突破しました。
苦しめられた破砕帯の長さは80mでした。


大町トンネル貫通
破砕帯突破後、工事は順調に進み、全断面掘削機など大型重機の導入により、快調に掘削が進みました。再びトンネル掘削日進記録や月進記録などを次々と更新し、破砕帯突破から約半年後の昭和33年5月、ついに大町トンネルは開通しました。
これにより資材搬入ルートが完成し、黒部ダムならびに黒部川第四発電所の建設が本格化します。
この大町トンネル(現在の関電トンネル)の工事の様子は、「
黒部の太陽」(木本正次著 信濃毎日新聞社刊)として小説化され、また故石原裕次郎・故三船敏郎主演で映画化されました。

 
<工事は夜も続けられた<<<
コンクリート打設作業は急ピッチで進められ、夜間も続けられました。1日のコンクリート打設量はなんと8653立方mにも達し、驚異的なスピードでダム建設は進んでゆきます。昭和35年10月よりいよいよ黒部川をせきとめ、湛水を開始しました

(黒部ダムHPより)
http://www.kurobe-dam.com
環境保護のため 6/26〜10/15 まで毎秒10〜15tの放水がおこなわれます。
黒部ダムによって、できあがった巨大な人造湖: 遊覧船が運航する黒部湖
水深163mと、驚くべき深さである。