つがわ狐の嫁入り行列

「狐の嫁入り行列」全国発信

 過疎化の波にさらされていた津川町で平成二年に始まった「嫁入り行列」。町商工会青年部ら裏方の取り組みや、初回七千人が昨年は観光客三万人というイベントに成長した様子、これを契機にした昔の街並みを生かした街づくりの模様などを描く。 また拠点施設「狐の嫁入り屋敷」を舞台にした観光客と地元との交流、さらに「嫁入り行列」にちなんで、地元ボランティアも参加して同屋敷で行われるようになった昔ながらの結婚式なども収録。きつね伝説という昔話が津川町の表情をすっかり変え、「嫁入り行列が自信と誇りを生んだ」沢野修津川町長は「われわれが思っている以上に評価が高く、大変うれしい。評価にこたえるよう地域、街づくりに取り組みたい」と話しており、津川町の「狐の嫁入り屋敷」で上映している。

<抜粋>


この町は、昔から「きつね」伝説が語り継がれており、「きつねの嫁入り祭」で有名なところです。5月に開催されるきつねフェスティバルに、お子様づれででかけてみてはいかがでしょうか
城山のきつねが今宵嫁をとる、
         きつね火燃やして嫁を取る、
         お供を揃えて嫁をとる、
         見よか花嫁、きつね火を、
         見よか行列共揃え、
         今宵は夢を見てみよか。

           新潟県東蒲原郡津川町
狐の嫁入り屋敷では、狐の結婚式も上映中