1.ひもを緒の下にくぐらせます
2.クツを中央にのせて、つま先をひもの輪の部分に入れます。
3.うしろのひもを、かかとの上でクロスさせます。
4.ひもを前にもってきます。そして、うしろへまわします。
5.うしろから見るとこんなふうになります。
6.クロスしたかかとのひもの内側をくぐらせ、ギュッと引っ張り、足を固定します。
7.ひもを前にもってきてしっかりと結びます。これで完成です。
かんじきのはきかたは、難しくありません。図解で説明します。

かんじきのひもは、長く歩くうちにゆるみますので、途中でしっかり結びなおしましょう。ひもが湿ってくると、雪が付きやすくなります。