祝い歌「めでた」は、歌詞は同じでも地域により節が異なります。「めでた」は北陸方面から入ってきたらしく、神岡町では「めでた」のことを「みなと」と呼びます。古川町では「若松様」、高山市では「めでた」と呼んでいます。

 古川町では、上のように「若ー松ー様」と途中からはじまり、ご詠歌調で歌うのが特徴です。酒の席では、「めでた」が披露されるまでは、自席を離れてはいけないしきたりがあります。

「若松様」が終わると、続いて「ぜんぜのこ」が全員合唱で歌われます。初めての方は、感動を覚えるそうです。以下、「ぜんぜのこ」の歌詞です。