いよいよ、次は位山山頂。
何が待っている???
岩の多い登山道をさらに進む
天の岩戸近くにある変わった木。3本が1本に合体している
天の岩戸に到達。周囲は、ロープが張られている。たまたま、信者が祭壇を準備し教典を唱える場面に遭遇した。ここには、巨石が何個も集まっている。まるで、何かを築いたような雰囲気さえ感じられる。
左の写真の岩を拡大したのが右の写真です。岩の上に大きい木がへばりついている。
豊雲岩と呼ばれている。
蔵立岩とよばれる。表面に石の隙間や溝が見られ岩が重なり合っているように見えるが、実は、ひとつの岩から成り、表面に溝ができただけである。