娘は懐より千本の針をさした「こんにゃく」を出し、口中へ投げ込んだ。すると大蛇は、突如のたうち回って苦しみ始めた。鉄類は大嫌いだというのに、全身隙間もなく針が食い入ったからである。大蛇は先きほどの元気はどこへやら、しだいしだいに弱って、僅かにしっぽを動かしていたが、とうとう息は絶えてしまった。
 あたりはたちまち大暴風雨にかわり、岸に高波が打ち寄せた。娘はただ一心に仏を祈って微動だにしなかったが、舟は娘を乗せて池畔に打ち上げられていた。そのうちに夜が明けた。夜来の嵐はからりと止むと、そこには両手を合わせて端座している、けなげな娘の姿を見かけたのである。
 これを見た村の人びとは、今さらながら、観世音菩薩の功徳と娘の沈着な処置に感嘆し、西忍の村には再び明るい平和が蘇った。

西忍には、古来より大蛇伝説がある。昔、西忍村の中央に大きな池(面積約十ヘクタール)があり、周囲には巨木がうっそうとして茂り、池の主には大蛇が住んでいた。この主がいつのころからか、年々村の娘たちを人身御供として要求し、もし一度でもこの求めに応じない年があると、山野は大荒れして穀物は実らず、村中は餓死するばかりの状態になるので、「皆の命には代えられないので……」とあきらめの中に、年々娘をこの池に捧げてすでに何年かたった。

 
 池の主の大蛇が退治された後の湛水は、神明神社の前側と、一方は西忍中組の橋詰の凹地へ流出し、村人はその後を沼田として作った。この沼田は長い間耕作されていたが、昭和5年と48年二度の耕地整理で、暗渠(きょ)排水をしたので、いまではすっかり乾田となってしまった。
 長い間続いた人身御供のお寺詣りも、池田がなくなると、これらの行事もなくなったが、人身供養遺跡の碑と、娘たちが彼岸の中日に詣ったという地蔵様(神明神社西側境内)のみは、昔の思い出を残している。
 今見渡す限り青々とした乾田になっているが、昔は池田で、その山すそには昔の船つき場の名残りさえ伝え、また付近の観音寺では、春の彼岸の中日を人身御供に捧げられた娘たちの命日と定め、この日は村内の娘という娘はお寺に集まって、断食供養を続けてきた。またこの日は芯立ち塔婆といって青い杉葉のついた四メートル余の塔婆に、機(はた)を織るとき用いるオサとオ(麻糸の原料)をつけ、これを行列の先頭におし立て、池畔にある供養地(堂の軒)まで行列してこの故事をしのび、寺の地蔵さまにお詣りした。また秋の彼岸の中日には娘たちはお寺詣りして、皆で野菜などを持ちよってお斎(とき)についたものである。
 昭和11年4月、西忍耕地整理竣工の際、「人身供養池遺跡」の碑を牛山の山麓に建て、永久にこの事跡を伝えることになった。
 今年もまた村のかわいい娘を、人身御供に差し出すことになった。村人はこの娘を身を削る気持ちで送ったが、彼女は目に涙さえ浮かべず、けなげにも出発した。
 村では小舟に粗筵(あらむしろ)を敷き、娘を乗せた。娘は白かたびらを着て数珠を持ちその上に座ると、一心に観世音菩薩の加護を念じながら、ジッと観念の眼を閉じた。
 村人は念仏を唱えながら、ソッと池の真中へ小舟を押し出した。このとき池の中央は、にわかに白波がわきたつよと見る間に、大蛇はスーッと波をかき分け、大きな口を開けて、まさに一呑みにしようとして近づいて来る。