戦国時代に築城された、高野と五社との間にそそり立つ古河城(別名 蛤城)に、蛤(はまぐり)のような紋様がたくさんある米俵大の雌雄一対の石がありました。
                                     
 
この石は、夜ふけになると、一方の石より白気をはき、二つの石が相応じてうなり声を発するので、土地の人々からたいへんこわがられていました。どうしてこのような石が山城のいただきに置いてあるのでしょう。築城のとき、城の守り石として運び上げられたのかもしれません。

 天正十四年(1586年)、金森長近公が飛騨の領主となり、高山に城を築きましたが、 長近公は、なんとかしてこの不思議な神通力をもつ蛤石を、自分の城内に置いてみたいと思いました。

  そこで家来に命じ、この石を高山城へ運ばせることにしました。家来たちは、たたりをおそれて、長近公に思いとどまるよう進言しましたが、何事にも屈しない戦国武将のこと、「百姓どもの迷信にまどわされては、何ができようぞ」と、 一言のもとにしりぞけ、無理にでも蛤石を城へ運ばせようとしました。

 
やがて、集められた人夫によって、石は高山城へ運ばれることになりました。二つの石は、普通の石より何倍も重くて、人夫たちをてこずらせましたが、やっとのことで道まで運びおろし、車に積みこみました。しかし、車が進むにつれて石はだんだん重さを増し、国府の桜野のあたりまで来たときには、人夫をどれだけふやして引っぱってみても、びくとも動かなくなってしまいました。何とかし て動かそうとあせると、二つの石は、ぶぶうと無気味なうなり声をあげるのてす。

 このようすにおどろいた家来の者は、さっそく早馬をとばして、このことを長近公に報告しました。長近公は、しばらく考えていましたが、「そのような石を城内へ運ばせようとしたのはまちがいであった。すぐさま、もとのところへ返すように」と言いました。
 古河城への帰り道は、少しの人夫でもらくらくと運ぶことができ、無事に城跡へおさまりました。



 
れから数十年後、飛騨一円は大かんばつに見舞われました。百姓たちは、神の助けを頼みのつなにして、昼となく夜となく雨ごいの祭りをやってみましたが、天にはひとかけらの雲も出てきません。

 
このとき、ある百姓が、「あのふしぎな力を持っている蛤石を、城の下の淵へ沈めてみたらどうだろう」と言い出しました。一同の者は、「それは名案だ。あの石のことだ、ひょっとしたら、どんな力を現すかもしれん。ひとつやってみようということになり、片方の石を城の下に青くよどむ淵へころがり落として沈めてみました。

 すると、どうでしょう。たちまちのうちに黒雲が現われ、大粒の雨がバラバラと降りだしたではありませんか。そのうちに雨はしだいに激しくなり、かわききった田畑をじっとりとうるおしていきました。百姓たちは、とつぜんの奇跡におどろき、思わず天を拝んで喜びの声をあげました。


 現在、城跡に立っている蛤石は、雄か雌かわかりませんが、片方だけになったら、不思議な力はなくなったといわれています。

    <掲載写真は、現在残っている1個のはまぐり石の表側と裏側の写真です。
     関連記事   「伝説の石を探せ!」

                                        <郷土 古川より>