ラショウモンカズラ(羅生門葛) シソ科

横から見た花の姿を、京都の羅生門で渡辺綱が切り落とした鬼女の腕に見立てて名付けられたそうです。花が終わると長いランナーがでて、葛のようにはい回るそうです。草丈は20〜30センチ、花の長さは4〜5センチになります。
キヌガサソウ」 (衣笠草) ユリ科

放射状に広がった葉を、奈良時代の高貴な人にさしかざした衣笠に見立てて名付けられたそうです。一株に一つの花しかつけません。輪生する葉の数が7枚以上になると花が咲き、葉の数と花びらの数は一致するそうです。花びらの色は、白からだんだん赤みを帯びて緑色に変わります。
ムラサキヤシオツツジ」 (紫八汐つつじ)ツツジ科

紫の染料で8回も染めたような色合いから名付けられました。枝先に3〜4センチの花びらを2〜6個つけます。雄しべは上の5本は短く下の5本は長くて無毛です。樹高は、1〜3メートルの落葉低木です。(ヤマツツジは雄しべが5本です。
コウモリソウ」 キク科

葉の形がコウモリに似ているところから名付けられた。この仲間に、「カニコウモリソウ」があります。葉っぱがカニの甲羅に似ています。
ホウチャクソウ」(宝鐸草) チゴユリ属

お寺の軒先にぶら下がっている風鈴状のもの(ホウチャク)に似ているところから名付けられた。白い釣り鐘状の花を先端につけます。
ニリンソウ」 二輪草 アネモネ属

ニリンソウだから、花が2個だということではなく、直径2センチくらいの花を1〜3個つけます。花びらは5〜7枚つきます。イチリンソウと較べ花が小さいこと、茎葉に柄がないこと、葉の切れ込み具合の違いで簡単に区別できます。
ツルマイソウ」 (鶴舞草)ユリ科
葉っぱの部分が鶴が舞っているような姿を連想させるところから名付けられた。草丈は10〜25センチ。
ヤブデマリ」 (藪手毬)スイカズラ科ガマズミ属

藪に生え、花序が手まりのように丸いところから名付けられた。ガクアジサイのような花をつける。カンボクに咲く花と似ているが、葉の形が全く違う。落葉小高木
エンレイソウ」 (延齢草)ユリ科

大きな丸みを帯びた大きな3枚の葉が特徴的です。中央に花を1個つけます。開花するまで、なんと15年もかかるそうです。草丈20〜50センチ
天生原生林のなかで、たくさんの山野草に出逢いました。見たことのない、珍しいものばかりです。ほんの一部ですが紹介します。6月初旬から中旬が見頃だそうです。ポケット図鑑を片手に、特徴をメモしながら名前を調べてみましょう。