髪処 美美ー
ようこそ カットとカラーの伊勢市御薗町髪処美美ーへ
 日記
 メニュー
 マップ
 イメージ
 カレンダー
 LINK

伊勢市御薗町|理容も美容も髪処美美ーコーンロウ

 コーンロウとは、とうもろこし(CORN)の粒が並ぶ列(ROW)に形状が似ていることから名がついた、アフリカ発祥の髪型です。三つ編みは象形文字や彫刻など、古代アフリカ文明に広く見られるモチーフです。
 コーンロウ独特の「移動」「回転」「鏡映」「拡大」といった幾何学的な概念を取り入れた編み込み模様も、土着宗教で有名なメンデ族(現シオラレオネ共和国)の伝統彫刻などにしばしば登場する。

伊勢市御薗町|髪処美美ーコーンロウ

 17〜18世紀,ヨーロッパ諸国の支配下にて、大西洋をアフリカの黒人奴隷が西インド諸島やアメリカに運ばれた後も、この伝統的なヘアスタイルは残った。新世界で黒人の伝統を貫くことは、支配に対する反抗の証でもあった。

 しかし、1861〜1865年のアメリカ南北戦争後,自由を得たアフリカ系アメリカ人の多くが、黒人特有の縮毛を直毛に伸ばすようになった。これは、人種差別の残る社会で、黒人自信が支配的価値観に流れ,自らの身体的特徴を白人に近付けようとしたことを物語っている。

伊勢市御薗町|髪処美美ーコーンロウ

 1950年代にアフリカで反植民地主義が盛んになると、アメリカの黒人芸術家,学者、政治家たちの間でアフリカの伝統的スタイルが見直され、多くのブラックミュージシャンたちが「アフロヘア」で黒人としてのアイデンティティを世に示し、以降ブラックカルチャーは大衆まで広がった。

伊勢市御薗町|髪処美美ーコーンロウ

 そして、アフロヘアが廃れだした70年代、代わってコーンロウが脚光を浴び始めた。そして80年代、黒人文化の代表格として現れたヒップホップミュージックと密接に結びつき、コーンロウの知名度は急上昇。90年代には日本をはじめ世界的に広まって今に至る。




since 2006. 髪処美美ー All right reserved.