HOME > SANdRA > INTEVIEW WITH SANdRA


*2002年4月、ニュー・アルバムのリリースに併せて、ドイツの雑誌「GAY NETWORK」が行ったインタビュー記事を、サンドラ・ネットが英語に翻訳したものを、BeNがさらに日本語に訳しました。ドイツ語→英語→日本語と二度異なる言語で訳されていることや、私はそれほど翻訳が得意なわけではないので、原文の持つニュアンスは多少失われてしまったかもしれませんが、おおまかな意味は伝わると思います。


左:サンドラ・ネットによる英文/右:BeNによる翻訳
斜線はインタビュアーの文章です


A pop star of the 80´s reports back: Sandra. Who doesn´t know hits like "Maria Magdalena", "Everlasting Love", "Hiroshima" (the so-called Sandra Sound) or the tender voice of Enigma! The reason why Sandra paused for so long and what her further plans are, can be read in the following interview.
80年代のポップ・スター、サンドラのリポート:
「マリア・マグダレーナ」「エバーラスティング・ラブ」や、「ヒロシマ」(彼女のサウンドのようなもの)などのヒット曲や、エニグマでのやさしいボーカルは誰もが知っているでしょう!
そんなサンドラが長期にわたり音楽活動を休止した理由や、今後の計画を、以下のインタビューで読むことが出来ます。


The reason for your long break were your twins, right?  長い間、お休みしていたのは、あなたの双子が理由ですよね?
Sandra: Yes, correct! In my opinion children need at least one parent to look after them around the clock, before they go to school. Family is very important to Michael and me.  その通りよ。私の考えでは、子どもには少なくともどちらか片方の親が、彼らが学校に行くようになるまでは、絶えず面倒を見る必要があると思うの。マイケルと私にとって、家族はとても大切なことなの。
For all who don´t know: Your husband is the famous producer Michael Cretu... 知らない人のために:
 あなたの夫は、有名なプロデューサーのマイケル・クレトゥですよね。
Sandra: Exactly. And the one who discovered and produced me.  ええ。そして私を発掘してプロデュースをした人でもあるわ。
But you were already very successful at the end of the 70´s with the disco trio Arabesque?  しかし、あなたは既に70年代後半において、アラベスクというディスコ・グループとして、とても成功を収めていましたよね?
Sandra: In Germany we only had one hit. In Japan, however, we were already something like the Spice Girls back then. That was very exciting. But Michael immidiately realized that that I´m more suited for a solo project.  ドイツでは、一曲のヒットがあっただけだったわ。でも、日本では私たちは今で言う、スパイス・ガールズのようなものだったの。それはとてもエキサイティングだったわ。でも、マイケルはすぐに、私にはソロ活動を行う方がふさわしいとわかっていたようよ。
⇒一曲のヒットとは「哀愁のマリゴット」のことです。日本ではシングル・カットしていません。
Michael kept on working busily. Enigma released a new album and he produced Andru Donalds and some other artists.  マイケルは、ずっと忙しく活動をしていましたね。エニグマは、新しいアルバムをリリースし、また、アンドルー・ドナルズや他のアーチストのプロデュースをいくつかやりましたよね。
Sandra: Of course I never quit completely either. Our studio is directly at our house, so you cannot prevent working on projects together. After all I´m giving my voice to the "Enigma" project each time.  もちろん、私も完全にやめてしまったわけではないの。私たちのスタジオは、家と同じ場所にあるし、誰かにじゃまされずに、プロジェクトで一緒に仕事をすることができるの。
 そう言ったことから、私はエニグマ・プロジェクトにボーカルとしていつも参加しているわ。
Didn´t you miss the singing?  歌を歌うことが恋しくはなかったですか?
Sandra: Sometimes yes. But as I said, there was Enigma. I could work off on that. And you can believe one thing: Twins, especially boys, really keep you busy!  時々はそう思ったわ。でもさっきも言ったように、エニグマがあったから、私は(自分自身の)音楽活動を中断することが出来たの。
 それから、信じてもらえると思うけど、双子というのは、特に男の子は、とっても手のかかるものなのよ!
Why did you move from Munich to Ibiza in 1988?  1988年には、どうしてミュンヘンからイビザへ移ったのですか?
 ⇒イビザ(地中海に浮かぶスペインの小さな島)
Sandra: Everybody who ever was on Ibiza, can understand that. Actually it´s not a party island but one of the most beautiful spots of Europe. And I wanted to protect my kids from the media hustle. Everywhere, at the fences, in the garden and at the windows photographers were lurking. Terrible. On Ibiza you have your peace. In addition to that, the traffic connections are very good. It doesn´t matter after all, if I fly to Cologne from Munich or from Ibiza. And the children grow up bilingual, what I consider an advantage.  イビザを訪れた人ならみんな判ると思うわ。そこは、ただ単にイベントを行うような島ではなくて、最も美しいヨーロッパのスポットなのよ。
 そして、私は子どもをメディアが押し寄せてくることから守りたかったの。(ミュンヘンでは)フェンスにも、庭にも、窓にも、どこでもフォトグラファーが潜んでいて、大変だったの。でも、イビザでは平和に過ごせる上に、交通の便がとても良いのよ。もし、ミュンヘンからイビザへ飛行機で行こうとしても、ケルンまで行くのとまったく変わりないのよ。
 そして、子どもはバイリンガルに育つし、良い環境の方を選んだの。
Your new album "Wheel of time" is modernly arranged, nevertheless one can hear that it is Sandra without a doubt. Is that by purpose?  ニュー・アルバム『Wheel Of Time』はモダンなアレンジがなされていますね。とは言っても、誰が聴いても疑う余地がなく、それはサンドラです。そう意図しているのですか?
Sandra: Yes. Over the years I repeatedly got letters and mails from all over the world, that I should make music again. First I consider this a compliment and second I think that my fans want back the Sandra I once was.  ええ。私は、もう何年も、繰り返し「再び音楽活動をしてほしい」という、手紙やメールを世界中からもらっているの。最初、それは、敬意を払っているのかと思っていたのだけど、よく考えると、ファンは、私に以前のサンドラのように、シーンに帰ってきて欲しいと思っているということがわかってきたの。
So no fear of change?  変化することにためらいはありませんでしたか?
Sandra: No, why? Who says that I´m going to be successful with this album? No matter if I now do something else or if I stay like I am: In the end the fans decide what they like. If suddenly the whole world calls for a new beat, I might think about it. But frankly I can´t imagine that. I surely didn´t want to turn back the "Wheel of Time".  いいえ、どうして?
 誰も、このアルバムで私が成功すると言ってはいないでしょう?
 もし、今、何か新しい試みをしたり、逆に、今までの同じスタイルでやったとしても、最終的には、何が好きかはファンが決めることなの。もし、突然、全世界が新しいビートを求めるようになったとしたら、私も考えるけど。でも、どんなものをファンが好むということは、正直言って想像がつかないの。
同じことの繰り返し(WHEEL OF TIME)にだけはしたくないと思うのよ。
Why did you cover "Such a Shame" from Talk Talk? Memories of the good old 80´s?  なぜ、TALK TALKの「SUCH A SHAME」をカバーしたのですか?古き良き80年代の思い出ですか?
Sandra: The 80´s were really terrific, not only because of my success as a singer. Listening to that song, I got to know Michael and we listened to it all day long. When we produced the album now, we decided that it has to be added to it. I love this song. That´s why it´s the 2nd single release.  私のシンガーとしての成功だけでなく、80年代は本当に素晴らしかったわ。
この曲を聞いて、マイケルと知り合ったし、私たちは、一日中この曲を聴いたのよ。私たちがニュー・アルバムをプロデュースしている時に、この曲をアルバムに入れることを決めたの。私はこの曲がとても好き。セカンド・シングルにしたのは、そんな理由よ。
And "Silent Running" from "Mike and the Mechanics"?  そして、マイク・アンド・メカニックスの「SILENT RUNNING」も?
Sandra: When this song was played, we were moving to Ibiza. Somehow it fit:
"Can you hear me running... " We actually almost ran, too (laughs).
 この曲がプレイされていた頃、私たちはイビザへ引っ越したのよ。歌詞の内容が当時の状況にフィットしていて・・・
♪私が走るのが聞こえるかい♪
私たちもまるで走ってくかのようにイビザへ移ったから(笑)
Your first single release "Forever" is already rather successful.  あなたの最初のリリース「FOREVER」は、成功を収めましたね。
Sandra: I was very happy about that. You´re always anxiously awaiting the reactions of the fans. It encouraged me to release the album immidiately.  とても嬉しかったわ。そして、興味深くファンの反応を待っていたのよ。それは、すぐに私にアルバムをリリースする勇気を与えてくれたわ。
Will there be a tour?  ツアーに出る予定はありますか?
Sandra: It depends on the reactions of my fans. If the album sells well, of course I will go on tour.  それは、ファンのリアクションによるわ。アルバムがたくさん売れれば、もちろんツアーに出るわよ。
They want to see you live for sure and also will want to hear the old songs again...  ファンのみなさんは、あなたのライブを見たいに違いありません。そして、昔のヒット曲も聴きたいと思いますよ。
Sandra: If I go on tour, of course I will also play all my hits from the past. I also connect many beautiful memories with them after all.  もし、ツアーに出ることがあれば、もちろん過去のヒット曲も歌うでしょう。そうすることで、ファンと美しいメモリーを共有できると思うわ。
Is "Maria Magdalena" your personal favourite, because it also was your greatest success?  「マリア・マグダレーナ」はあなたのお気に入りの曲ですよね。
 それは、あなたの大成功のきっかけとなったからですよね。
Sandra: Yes. I think that´s how everybody would feel. After all it is one of the most important cuts in my life. From one day to the other you are famous. No private life anymore. Daily interviews. Photo sessions and so on.
You have to get used to something like that. But I don´t want to deny all the advantages now (laughs).
 そうよ。それはみんなも感じていると思うの。
 結局、私の人生の中でもっとも重要な場面の一つなの。ある日を境に、突然、有名になってしまったわ。プライベートな生活がなくなり、毎日のインタビューや写真撮影・・・・
 そんな生活に慣れなくてはいけなかったの。でも、そんな暮らしのすべてを今は否定したくはないのよ(笑)
I´m sure your new album will be a success.  ニュー・アルバムはきっと成功するでしょうね。
Sandra: That´s great. I wish my other fans think the same.  ありがとう。私のファンも同じように思ってくれると思うわ。
Sandra, thanks for this interview.  サンドラさん、インタビュー、どうもありがとうございました。
With kind support from VIRGIN, translated by SANDRAnet

  
英文を見た方で、ここはこう訳したほうが良いなどと思われた方は、メールなどで教えていただけると幸いです。



 

BACK
HOME

last updated : 2002/5/20