HOME > BeN's Bubblegum-disco / Candy-Pop World > VERONICA UNLIMITED.
last updated : 2007/11/29


SINGLE RELEASES
ALBUM RELEASE
COVER VERSIONS
BLOG


BIOGRAPHY
 1977年、西ドイツにて、元ファッション・モデルや女優の経験を持というアンジェラ・クロイツ、ギャビー・クロイツ、アイリス・ヴォルケンシュタインの3人と、有名なダンサーだったというマンフレッド・ケラーでヴェロニカは結成されました。ファースト・シングルとなった「ヴェロニカと踊ろう」はヴェロニカの活動の中心になっていた西ドイツだけにとどまらず、オランダやベルギーなどでもヒットしました。その後も活動を続け、シングル「恋にライト・オン」は各国でスマッシュ・ヒットを記録。アルゼンチンでの第1位のほか、フランスやイタリアでもベスト10に入る程でした。
 1979年には、それまでになかった最大の障害にヴェロニカは突き当たってしまいました。それはプロデューサーが単独で活動の場を西ドイツからオランダに移してしまったのです。このことにより、西ドイツに取り残された彼らは、一時グループとしての活動を中断しなければならなくなってしまいました。しかし、1980年に、4人はすぐれたプロデューサー・チームを見つけました。それは、ルディ・ホルツハウアー、ヨースト・ファン・オス、そしてマンフレッド・ケラー(ヴェロニカの男性メンバー)の3人からなる、H.O.K.プロダクションがそれで、共同プロデュースという形で音楽活動を再開することになりました。このプロデュース・チームはすぐにレコードの制作に入り、そして発表されたのが、「すてきなパーティ・フィーリング」でした。 そして、この年の暮れ、「恋のダディ・オー」を発表。この曲は、それまでの彼らのヒット曲を軽く上回り、ヨーロッパ各国で大ヒットを記録しました。このことにより、ヴェロニカは再び脚光を浴びるようになり、1981年の前半は各国のテレビ・ショーに出演したということです。また、この人気はヨーロッパだけの広がりではなくなり、中南米やオーストラリアなどからもコンサートのオファーがあったということです。
 なお、1981年の3月、アイリス・ヴォルケンシュタインが脱退し、エドナ・ベジャレーノという女性が加入しました。しかし、彼女もその年の8月には、ソロ・シンガーに転向するため脱退。そして、エドナの代わりに、リサ・ラゴダが加入しました。
 ちなみに、彼らは、1981年の11月には、アルバムのプロモーションのため来日も果たしています。

 ところで、ドイツで1980年〜1999年の20年間で歴代第4位の「サン・オブ・ジャマイカ」(1980年)や、イギリスでも1位を記録した「Seven Tears」(1981年)の記録を持つグームベイ・ダンス・バンドの主なソング・ライターである、Wolf‐Ekkenhardt Stein と Wolfgang Jassは、ヴェロニカの「恋のダディ・オー」や「あこがれワン・ナイト・ラヴ」の作者でもあるのです。これは、ヴェロニカは、いかに優秀なライター・チームに恵まれていたかということで、同時に、彼らが決して正体不明の怪しげなアーチストではないということを表しています。なお、W.Stein と W.Jassは、他にも日本でディスコ・ヒットした、2プラス1の「夢のシンガポール」の作者でもあります。この2プラス1も、決して正体不明のアーチストではなく、ポーランドでは非常に有名で、長期にわたり活動しているアーチストなんですよ。








MEMBERS

【初期メンバー】
NO PICTURE
アイリス・ヴォルケンシュタイン
1977-1981
エドナ・ベジャレーノ
1981-1981
 ヴェロニカ創設時のメンバーでしたが、1981年の始めに脱退。「恋のダディ・オー」や「あこがれワン・ナイト・ラヴ」のジャケットの金髪女性です。  アイリスの脱退に伴い1981年始めに加入しましたが、ソロ歌手に転向するために半年後には脱退。


【来日も果たしたヴェロニカのメンバーの4人】
 (1981年11月の時点)
アンジェラ・クロイツ
Angelika Kreutz
ギャビー・クロイツ
Gabriele Kreutz
リサ・ラゴダ
【独名は不明】
マンフレッド・ケラー
Manfred Köhler
1958年7月4日
西ドイツ生まれ
1957年3月10日
西ドイツ生まれ
不明 1955年1月6日
西ドイツ生まれ
 ヴェロニカ創設当時からのメンバーで二人は姉妹。また、ヴェロニカの活動と平行して、ウィスパー・シスターズというユニットを結成して、テレビ・ドラマのテーマ・ソングなどを歌っていたとのこと。  エドナ・ベジャレーノの脱退に伴いグループに加入。  地元西ドイツでは有名なダンサーであり、またカラテのチャンピョンという肩書きを持っています。

 これらの情報は、アルバムのライナー・ノーツ、(非常に少ない)海外のヴェロニカ関連サイト、キャンディ・ポップ・ファンの海外のメル友からの情報を総合したものです。しかし、日本でのアルバムのライナーは、(特にヨーロッパのディスコ系アーチストなど、)一般的に間違いが多く、また意図的に、(ヨーロッパで大ヒットを記録など)大げさに書かれていることが多いです。ヴェロニカのレコードに記載されている情報も、誤りのある可能性もありますので、この点はご了承ください。マンフレッドが、有名なダンサーとかカラテのチャンピョンという部分もそのまま記載しましたが、うさんくさい感じがします。



 ■LINK
PISTON's Dance Music of 80s 70〜80年代のディスコ・アーチストのファン・サイト。【ポーランド語(一部英語)】
英国国旗を選択して 70/80 Dance > Groups > VERONICA UNLIMITED で見られます。
VERONICA UNLIMITED 上記サイトのヴェロニカのセクションへの直リン。
いくつかのシングルのヨーロッパ盤ジャケットが見られる。



スパムメールが非常に多いので、アーチスト名などを「件名」に記載していただけると間違いなく目を通すことが出来ます


BACK
HOME