HOME > BeN's Bubblegum-disco / Candy-Pop World > Boney M. > LYRICS and TRANSLATIONS
last updated : 2004/3/25



 ボニーMの代表曲である「バビロンの河」と「怪僧ラスプーチン」。また、あまり知られてはいませんが、後期の曲でボニーMが平和や環境について訴える「世界はルンルン」。この三つの歌詞と対訳をアップしてみました。





「バビロンの河」
RIVERS OF BABYLON
By the rivers of Babylon, there we sat down
ye-eah we wept, when we remembered Zion.

By the rivers of Babylon, there we sat down
ye-eah we wept, when we remembered Zion.

When the wicked
Carried us away in captivity
Required from us a song
Now how shall we sing the lord's song in a strange land

When the wicked
Carried us away in captivity
Requiering of us a song
Now how shall we sing the lord's song in a strange land

Let the words of our mouth and the meditations of our heart
be acceptable in thy sight here tonight

Let the words of our mouth and the meditation of our hearts
be acceptable in thy sight here tonight

By the rivers of Babylon, there we sat down
ye-eah we wept, when we remembered Zion.

By the rivers of Babylon, there we sat down
ye-eah we wept, when we remembered Zion.

By the rivers of Babylon (dark tears of Babylon)
there we sat down (You got to sing a song)
ye-eah we wept, (Sing a song of love)
when we remember Zion. (Yeah yeah yeah yeah yeah)

By the rivers of Babylon (Rough bits of Babylon)
there we sat down (You hear the people cry)
ye-eah we wept, (They need that ???)
when we remember Zion. (Ooh, have the power)


バビロンの流れのほとりに座り


シオンを思って、わたしたちは泣いた


竪琴は、ほとりの柳の木々に掛けた


わたしたちを捕囚にした民が


歌をうたえと言うから


わたしたちを嘲る民が、楽しもうとして


「歌って聞かせよ、シオンの歌を」と言うから


どうして歌うことができようか


主のための歌を、異教の地で


 出展は旧約聖書の詩篇137。

 この詩の意味は、イスラエルの民がバビロニアに進攻され、異郷の地のバビロンに連れていかれ(バビロン捕囚という)、その地で故郷のシオン(イスラエル)が見えるバビロンの河で、嘆き悲しみ、かつ故郷に帰る執念を込めて歌ったものです。ボニーMの「バビロンの河」はその前半を部分的に繰り返し歌われています。
 また、ボニーMでの「バビロンの河」の歌詞にはありませんが、実際の詩編には、続いて、自分たちを苦しめた者に対する強い復讐の気持ちが書かれています。(下記参照)


エルサレムよ
もしも、わたしがあなたを忘れるなら
わたしの右手はなえるがよい
わたしの舌は上顎にはり付くがよい
もしも、あなたを思わぬときがあるなら
もしも、エルサレムを
わたしの最大の喜びとしないなら
主よ、覚えていてください
エドムの子らを
エルサレムのあの日を
彼らがこう言ったのを
「裸にせよ、裸にせよ、この都の基まで。」
娘バビロンよ、破壊者よ
いかに幸いなことか
お前がわたしたちにした仕打ちを
お前に仕返す者
お前の幼子を捕えて岩にたたきつける者は

(新共同訳)


 ボニーMの代表曲のひとつの「バビロンの河」。この曲は、本国ドイツはもちろんのこと、イギリスで5週連続チャート首位を獲得したり、また、アメリカでもビルボードで最高30位と、彼らが最も成功した曲でもあります。
 日本ではあまり知られていないかもしれませんが、欧米でのヒットの裏には、この宗教的な歌詞が影響しているのかもしれません。この曲を何気なく聴いていた日本のリスナーも、こんな意味があるなんて想像も出来なかったでしょう。



 

「怪僧ラスプーチン」
RASPUTIN
There lived a certain man in Russia long ago
He was big and strong, in his eyes a flaming glow
Most people looked at him with terror and with fear
But to Moscow chicks he was such a lovely dear
He could preach the bible like a preacher
Full of ecstacy and fire
But he also was the kind of teacher
Women would desire

昔々、ロシアにある男がいた
  そう、大きくて強くて、瞳は輝いていたわ
ほとんどの人は彼を恐れていた
  でも、モスクワの女たちは彼を愛したわ
あふれる情熱とエクスタシーで人々に教えを説く姿は
牧師のようでもあり、時に教師のようでもあった
そして、女たちはみな彼を欲した
RA RA RASPUTIN
Lover of the Russian queen
There was a cat that really was gone
RA RA RASPUTIN
Russia's greatest love machine
It was a shame how he carried on

ラ、ラ、ラスプーチン
ロシアン・クイーンの恋人
歴史上の人物
ラ、ラ、ラスプーチン
ロシアの偉大なラブ・マシーン
恥を知れ!
He ruled the Russian land and never mind the czar
But the kasachok he danced really wunderbar
In all affairs of state he was the man to please
But he was real great when he had a girl to squeeze
For the queen he was no wheeler dealer
Though she'd heard the things he'd done
She believed he was a holy healer
Who would heal her son

ラスプーチンは皇帝を無視してロシアの国を治めようとした
  でも、彼のコサック・ダンスはとびきり上手だったのよ
国の政治は彼の意のまま
  でも、女を抱く時はとても優しかったわ
女王はラスプーチンの数々の悪行を耳にしても
悪巧みをするような男とは思わなかった
息子の命を救える聖なる者と崇めていたから
RA RA RASPUTIN
Lover of the Russian queen
There was a cat that really was gone
RA RA RASPUTIN
Russia's greatest love machine
It was a shame how he carried on

ラ、ラ、ラスプーチン
ロシアン・クイーンの恋人
歴史上の人物
ラ、ラ、ラスプーチン
ロシアの偉大なラブ・マシーン
恥さらしな男
(Spoken:)
But when his drinking and lusting and his hunger
for power became known to more and more people,
the demands to do something about this outrageous
man became louder and louder.

(セリフ)
しかし、ラスプーチンの飲んだくれで肉欲な暮らしや、
政治への口出しが
人々の間に知られてゆくと同時に、
この非道な男に対する憎悪はだんだんと大きくなっていった
"This man's just got to go!" declared his enemies
But the ladies begged "Don't you try to do it, please"
No doubt this Rasputin had lots of hidden charms
Though he was a brute they just fell into his arms
Then one night some men of higher standing
Set a trap, they're not to blame
"Come to visit us" they kept demanding
And he really came

「ラスプーチンは生かしてはおけない」
敵たちは言った
  でも、女たちは「お願いだから殺さないで」と懇願したの
女たちはみな彼のとりこだった
  でも、女を抱く時には、獣のようだったわ
上流階級の男たちは、ある夜、ラスプーチンにわなを仕掛けた
「俺たちのとこに遊びに来ないか」
そして、彼はついにやってきた
RA RA RASPUTIN
Lover of the Russian queen
They put some poison into his wine
RA RA RASPUTIN
Russia's greatest love machine
He drank it all and he said "I feel fine"
ラ、ラ、ラスプーチン
ロシアン・クイーンの恋人
やつらは彼のワインに毒を盛った
ラ、ラ、ラスプーチン
ロシアの偉大なラブ・マシーン
ラスプーチンはワインを飲み干して、こう言った
「うまいワインだ!」

RA RA RASPUTIN
Lover of the Russian queen
They didn't quit, they wanted his head
RA RA RASPUTIN
Russia's greatest love machine
And so they shot him till he was dead

ラ、ラ、ラスプーチン
ロシアン・クイーンの恋人
やつらはあきらめない
なんとしてでも彼の息の根を止めたかった
ラ、ラ、ラスプーチン
ロシアの偉大なラブ・マシーン
そして、彼が死ぬまで何発も銃弾を撃ち込んだ

(Spoken:)
Oh, those Russians...

(セリフ)
あいつらめ・・・





translated by BeN




 ロシアに実在した僧のラスプーチンのことを唄った曲。ボニーMは、西側のアーチストとしては初めてロシアでコンサートを行ったのですが、この歌詞により、この「怪僧ラスプーチン」は歌うことが許可されなかったということです。
【参考までに】

<楽しい世界史>怪僧ラスプーチン
(一般的な見方)
歴史概論 ラスプーチン
(4コマまんがでおもしろい)
奇人発見伝 グリゴリー・ラスプーチン
(異なる視点から/写真あり)






「世界はルンルン」
We Kill The World (Don't Kill The World)
「We Kill The World
I see mushrooms, atomic mushrooms.
I see rockets, missiles in the sky.
Day by day, more and more,
Where will this lead to
and what is this good for?
Poor World, Poor World.

きのこ雲・・・、原子爆弾のきのこ雲が見える
空には、ロケットやミサイルが見える
日増しに、どんどんと・・・
これらは何を意味するの
こんなことをしてどうするの
なんて愚かな世界・・・
Concrete's rising up,
where yesterday was park
you heard the Robin's Song
Heavy tractor runs
where air was clean and cool
make money, bringing fuel.

Where will this lead to
and what is this good for?
A Poor World, Poor World.

昨日までは公園だったところが
コンクリートで埋め立てられ
小鳥のさえずりさえ聞こえない
澄んだ空気のあった場所には
燃料を費やして、お金儲けのために
重機が走る

これらは何を意味するの
こんなことをしてどうするの
なんて愚かな世界・・・
Fishes doomed to die
as people live close by
and oaktree falls with moon
Parking lots will come
with flowerfields were bright
as junkyard covers sight!

Where will this lead to
and what is this good for?
Poor world, is hurting bad,
Poor world, is doomed to die.

人間が近くに暮らすと
魚たちは死ぬ運命にある
木々は月が沈むように倒され
花々が咲き誇っていた野原には
駐車場が作られる


これらは何を意味する?
こんなことをしてどうするの
愚かな地球では互いが傷つけあう
愚かな地球は死に近づく運命にある
We kill the world
kill the world
We surely do
In peace we do!
We kill the world
kill the world
'cause we don't know
what we are doing!

We kill it
One by one
Don't realize!

And nuclear piles stand like monuments
of destruction throughout over the country

僕らが地球をだめにしてる
地球をだめにしている
僕らは平和に生きなくては
僕らが地球をだめにしてる

自分のやっていることに気がついていないから・・・



片っ端からだめにしている
誰も判っちゃいないんだ!


国中にはくまなく
核の碑が立ち上がる
Promenades must go
so cars can drive in row
New Fact'ry towers tall
Farmhouse had to fall
No flowers in the air
pollution everywhere.

Where will this lead to
and what is this good for?
A Poor world, Poor World.

散歩道はなくなり
車の列が走る
工場が立ち並び
農場は消えうせる
花の香りは漂わず
汚染が広がるだけ

これらは何を意味するの?
こんなことをして良いことがあるの?
なんて愚かな世界・・・
Oceans in despair
There's rubbish everywhere
The seaweed chokes in mud
Nature's had her lot
With nuclear waste and rot
And mushrooms bloom as clouds.

Where will this lead to
and what is this good for?
Poor world, is hurting bad,
poor world, is doomed to die.

We kill the world...

絶望の海
ゴミだらけの海
海藻は、泥で息も出来ない
自然は核廃棄物と社会の腐敗により
運命のくじを引いた
そしてきのこ雲が炸裂する

これらは何を意味するの
こんなことをしてどうするの
愚かな地球では互いが傷つけあう
愚かな地球は死に近づく運命

僕らが地球をだめにする・・・
「Don't Kill The World」
Don't kill the world
don't let her down.
Do not destroy basic ground.
Don't kill the world
our means of life.
Lend ear to nature's cry.

地球をだめにしないで
母なる大地をだめにしないで
地球をだめにしないで
僕らの生きる意味は・・・

自然の叫び声に耳を傾けて
Don't kill the world
She's all we have,
And surely is worth to save.
Don't let her die,
fight for her trees,
Pollution robs air to breathe.

地球をだめしないで
地球はすべての命の源
何とかしなきゃ
地球をだめにしないで
木々を守ろう
汚染は呼吸する空気さえ奪うんだ
Don't kill the world
help her survive
And she'll reward you with life
And don't just talk,
Go on and do the one, who wins is you.

地球をだめにしないで
何とかしなきゃ
きっと命を与えてくれる
何も言わないで、前に向かって進もう
鍵は僕らが握っている
Cherish the world,
A present from God
On behalf of all creatures,
made by the Lord
Care for the earth,
Foundation of life
Slow progress down help her survive

神様からの贈り物
この地球を大切にしよう
神によって作り出された
すべての生きとし生けるもの
地球を守ろう
命の泉
ゆったりした歩みは地球を救うこと
translated by BeN




 シングルのセクションにも記載してありますが、歌詞の意味を知ると、「世界はルンルン」などといった脳天気な邦題はまったく不適切です。ボニーMのこれまでのイメージもあるでしょうが、普通に「ウイ・キルド・ザ・ワールド」か、「キルド・ザ・ワールド」でも良かったのに・・・と思います。

 また、これら「世界はルンルン」や「バビロンの河」の歌詞を見て、日本では、時に、バカディスコ、脳天気、キワモノ、ゲテものなどと言われ、過小評価されていたボニーMを少しでも見直していただきたいものです。






BACK
HOME