歯科・矢田クリニックにおける審美歯科治療の特徴


より美しく口元をプロデュースするためには、ただ歯を削って白い歯(オールセラミック等)を被せるだけではだめです。
それではただ単に元の歯よりも白い歯が入っただけです。
自然な感じの美しさがありながら、尚且つ機能美を持つ白い綺麗な歯を手に入れるためには、正しい歯科知識とそれを実践できる技術が必要です。

「審美歯科治療(オールセラミックの治療)はどの歯科医院でうけても同じ」ではありません。
どのような材料を使って被せるのか?
どのような形態にするのか?
どのようなかみ合わせにするのか?
白い歯の連結は必要か?
etc…
その患者さんの口腔内の状況を的確に把握し、審美歯科治療後の予測を立てる必要があるのです。

予測が出来ない無理な審美歯科治療を行えば、その綺麗な白い歯(オールセラミック)は良好に口腔内で機能することはできません。

実際に白い歯(オールセラミック)を制作する技工士の技術も大切です。
歯科医師が求める、
@オールセラミックの咬み合せ。
Aオールセラミックの厚み。

Bオールセラミックの適合性。
Cオールセラミックの形態。
これらを忠実に再現してもらう必要があります。
そしてこれら4つの要因は審美歯科治療の白い歯(オールセラミック)を制作する技工士なら当然持ち得ています。
しかし、5番目の要因として、(ちょっと大げさですが)
Dオールセラミックに対する審美眼。
を持っている技工士は少ないです。
それは、学んで得られる答えのあるものではなく、感覚といいますか、概念見たいなものだからです。

どんなに材料(ジルコニア、イーマックス)であってもその特性を十分理解してそれを使いこなすことこそ審美歯科治療を実践する上で重要だと考えます。
歯のゴールデンプロポーション
b:a:a:b=1:1.6:1.6:1の割合に近いほど
審美的な、美しい前歯といわれています。
スマイルライン
笑顔になった時、上の歯の先端ラインが、
下唇に沿っている歯並びが綺麗とされています。
ガムライン
歯茎と歯の境目のラインが、左右対称の曲線になっていると、
バランスがとれています。
エステティックライン
鼻の先と顎の先を結ぶラインの内側に、
上下の唇が入る事が綺麗な横顔とされています。

before after