銀行による個人向けカードローンと多重債務者増。


    借用書ホットライン!

銀行による個人向けカードローンと多重債務者増.

お金の貸し借りは、個人間のものだけでなく、高額の場合は、むしろ金融機関とのものも多くなります。

個人間だけでなく、業者と個人の間における金銭貸借においても、個人間で借主が借用書や金銭消費貸借契約書を作成した時と同じようにお金を返さなくてはいけないことは当然のことです。

しかし、個人間の場合と業者からの場合では、借主の意識に大きな違いが見受けられるようになりました。

消費者金融からの個人の借り入れの場合は、すぐに簡単に借金ができるという土壌が生まれたことによって、個人が無理な借金を重ねるケースが増えました。

その中で、消費者金融からの借り入れについては、2006年の国会で成立した改正貸金業法によって、大きく規制が入りました。

安易な借り入れがされやすかった消費者金融は、個人が借り入れを雪だるま式に増やしていって破綻するケースの急増により、多重債務者問題として社会問題化したことにより、大きな規制が課されました。

当時は、ドラマを見ても、バラエティ番組を見ても、ドキュメンタリーを見ても、消費者金融のCMばかりをテレビで見かけるようになりました。

CMを多用して、簡単に借り入れができるようにした消費者金融でしたが、改正貸金業法によって、貸金業者からの借り入れを「年収の3分の1までに制限する総量規制」が導入され、それによって貸し出しは激減して、経営破綻も相次ぎました。

その一方で、銀行は総量規制の対象から外されていました。

銀行は消費者金融のような無理な貸出はしないだろう、顧客の立場に立った審査体制が整っているという信頼感を背景にしていたものでした。

確かに、当時の銀行は護送船団の中で固いイメージであり、通常の住宅ローンや法人融資がメインで、むしろ例えば今のようなリバースモーゲージやアパートローンなども扱っているところもほとんどなく、欧米のような金融機関の役割はしていない感があり、非常に保守的な感じでした。

担保価値が読みにくかったり、柔軟な金融には手を出さないという感じで、非常に保守的でした。

しかし、現在は、金利が低下し、住宅ローンや法人融資では利ざやを稼げなくなっています。

その折り、個人に対して無担保でお金を貸す銀行のカードローン事業が急拡大しています。


個人向けカードローンは、2桁の金利で貸せるため、銀行にとっておいしい事業になるという形です。

ここしばらく、テレビを見ても、大手銀行が有名タレントを使って、どんどん個人カードローンを宣伝しているのを目にしてきました。

「年収証明書不要」「審査迅速」などといって、消費者金融の時と同じように、簡単にすぐに借りられるイメージが表されています。

個人間において、相手に頼み込んで借用書や金銭消費貸借契約書を作成してお金を借りるよりも、もっと簡単に早く借りることができる感じは、安易な借金を生むことになります。

しかも、「銀行は総量規制の対象外」という形でPRされているのを見ます。

そうなると当然、消費者金融の時のような現象が起こってくるのは必然になります。

2016年の個人の自己破産申請件数は13年ぶりに増勢に転じていますので、注意が必要です。

銀行側の問題もありますが、なにぶんにもお金を借りる時は、借用書や金銭消費貸借契約書を作成した時と同じように、返すことも十分に視野に入れなくてはいけないことをよく念頭におくことが大切です。

【重要】
「金銭トラブルの防止と対応についての詳しい話」を知りたい方はこちらでお伝えしています。

【フジテレビの情報番組で紹介】
借用書の書き方
借用書の書き方
フジテレビの朝の情報番組の「とくダネ!」で、平成26年3月26日、金銭トラブルの問題や予防や対処方法に関し、当事務所代表の話が放映されました。
----------------------------------------
上記以外、平成25年10月25日などにも当事務所は同番組から取材を受けてきました。


【毎日新聞の夕刊の第一面に掲載】
借用書の書き方
当事務所は、毎日新聞より取材を受けて、平成25年9月26日(木)の夕刊の第一面に代表のコメントが掲載された事務所です。


【フジテレビの情報番組で紹介】
借用書の書き方
フジテレビの朝の生活情報番組の「ノンストップ!」で、平成28年2月5日、遺言・相続に伴う金銭トラブルについて、当事務所代表の話が放映されました。


【日本テレビの報道番組から出演依頼】
借用書の書き方
当事務所は、日本テレビの日曜報道番組の「真相報道バンキシャ!」から平成25年12月1日の出演依頼を受けました。(事件発生のため急遽番組内容の差替え)


【ラジオ番組に生出演】
 借用書・公正証書についてのお話 借用書・公正証書についてのお話
FM江戸川の『TOKYO RIVERS WIDE』に生出演しました。借用書・公正証書など、お金の貸し借りで失敗しないためのお話しをしました。(現在番組終了)


「タレントの藤崎奈々子さんと対談」
借用書の書き方
タレントの藤崎奈々子さんが当事務所へ訪問し、金銭トラブルの実情と対処法や借用書・公正証書の作成について対談しました。
藤崎さん自身の借用書や金銭トラブルの経験の話もしました。


特定行政書士 河野秀勝 プロフィール

借用書ホットライン! 財閥系企業での在職時と会社経営において、裁判ざたにせずに金銭問題に対応して決着をはかる長年の業務経験を持つ。
不動産会社顧問、マンション管理士事務所代表、行政書士事務所相談役の兼務を経て、行政書士から「特定行政書士」へ。
成蹊大学 法学部 法律学科 卒業
特定行政書士、マンション管理士、宅地建物取引士、管理業務主任者、区分所有管理士、ファイナンシャルプランナー
■プロフィールの詳細はこちら


特定行政書士 河野真弓 プロフィール

借用書ホットライン! 弁護士秘書、司法書士事務所、大手不動産会社、大手ローン保証会社において、各種の金銭問題に携わった後、行政書士から「特定行政書士」へ。
20年以上の法務経験を持つ。
温厚な性格ながら、金銭問題の他、刑事問題にも幅広く強い。
明治大学 法学部 法律学科 卒業
特定行政書士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー
■プロフィールの詳細はこちら


ご依頼・ご相談の窓口
  (公正証書・借用書・ご相談)

■メルマガ(借用書に見た!貸したお金よ返って欲しい)(無料)
借用書ホットライン!には、「どんな書面の書き方をすれば良いのでしょうか?」「貸したお金をきちんと返済してもらうようにしたいのですが・・・」など、お金の貸し借りについてのご相談が相次いでいます。金銭トラブルを防ぐには、「お金の貸し借りの際に、単に借用書や公正証書などの書面の作成をするだけではダメ」です。裁判ざたにせずに金銭問題に対応して決着をはかる豊富な実務経験を持つ実践派の「特定行政書士」が、借用書や公正証書などを交えて、「お金の貸し借りのトラブル」にまつわるお話をやさしくお伝えしています。 ■まぐまぐによる配信まぐまぐ


テンプレート・雛形・注意事項・公正証書 1.よくある質問(借用書・金銭借用書・公正証書) 2.借用書の正しい書き方 ※借用書の書き方の補足事項 3.借用書はなぜ必要?金銭トラブルの例 4.借用書の書き方の例文 (例1)借用書. 返済の期限無し (例2)借用書. 一括払い・利息・遅延損害金有り (例3)借用書. 一括払い・利息有り (例4)借用書. 一括払い・遅延損害金有り (例5)借用書. 一括払い (例6)借用書. 一括払い・連帯保証人付き (例7)借用書. 分割払い (例8)借用書. 分割払い・期限の利益喪失約款付き 5.借用書では返してもらえない!? 6.法的効力がある借用書は公正証書! (差押え可能で強力) ※公正証書(法的効力のある借用書)の知識 7.借用書から内容証明郵便で請求 8.借用書と時効の知識 9.借用書・公正証書のご相談・ご依頼例 10.借用書・公正証書 感謝の声
■借用書や金銭消費貸借契約書や公正証書に関する知識やコラム↓
・借用書と金銭消費貸借契約書の書き方の違い ・債権者と債務者と借用書や金銭消費貸借契約書の解説 ・義理や人情の時代ではない借用書や金銭消費貸借契約書や公正証書の効力 ・金銭消費貸借契約は民法上の「消費貸借」の一種 ・借用書や金銭消費貸借契約書は要物契約 ・交際相手との結婚契約書や婚前契約書や借用書の作成 ・債務不履行と借用書と金銭消費貸借契約書と公正証書 ・お金の貸し借りの私的自治の原則と借用書と金銭消費貸借契約書などの解説 ・飲食店開業資金の為に個人間で金銭貸借をして借用書を作成 ・金銭貸借に関しての実体法と手続法の解説 ・住宅ローンの他の借金で個人版民事再生が増加 ・金銭トラブルにおける処分権主義と裁判と借用書や金銭消費貸借契約書の解説 ・結婚詐欺と借用書や金銭消費貸借契約書 ・民法578条の消費貸借の条文が借用書や金銭消費貸借契約書の背景である解説 ・多額の資金がかかる映画製作と借用書 ・加計学園に関する文部科学省の文書の存否の問題と借用書や公正証書 ・福祉事務所が借用書を紛失した事案 ・銀行による個人向けカードローンと多重債務者増 ・借用書に妻の実家の住所を記載して借金を重ねた元プロ野球選手の例から ・山梨市長の元妻が架空の投資話でおこした詐欺事件から・政府が中央銀行向けに発行する国債は国が発行する借用書 ・有名芸能人の家族や親戚からの借金申し出に伴う借用書や金銭トラブル ・隣人を装い借用書を作成して大学生から詐欺 ・借用書で元医師会長が積立金を独断で元事務長に貸し回収困難 ・無許可の貸金業で借用書を使用 ・借用書で寸借詐欺 ・借用書を脅して書かせた事件 ・借用書を偽造し、「保険金で返済しろ」と遺族に要求した殺人事件 ・偽造した借用書で詐欺訴訟を起こした事件 ・コンビニ強盗が借用書を作成 ・連続テレビ小説の豪商への借用書 ・ロンドンの建設現場から発掘のローマ時代の「手書き板」の中に借用書 ・実業家の事業と財閥とお金の貸し借りと借用書 ・借用書を作成させたジャイアント馬場 ・借用書を作成した近藤勇 ・450年前の借用書を発見 ・借用書を発行する米カリフォルニア州 ・年金や公務員給与は借用書で ・借用書を取り戻す為などの動機の殺人事件 ・被害者に借用書を書いた強盗犯 ・脅して借用書を書かせて現金喝取未遂 ・借用書の偽造も関わった事件 ・借用書を脅して書かせた事件 ・借用書を取り戻すために睡眠薬を飲ませた事件 ・借用書で返済迫られ犯行か ・借用書を書かせた事件 ・不備な借用書を用いた事件 ・山田正彦元農相の300万円は借用書なし ・猪瀬知事が借用書を公開 ・架空の借用書を作成した疑い ・信用組合職員が借用書を偽造して着服 ・借用書が無い場合のお金の貸し借りでのタレントの蛭子さんの認識 ・大御所の芸能人が子供を助けるために借用書にサイン ・過去の交際女性から借用書で裁判沙汰にされたタレント

借用書ホットライン!のHPに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
Copyright©2002~ 借用書ホットライン! All Rights Reserved.