借用書(金銭借用書)はなぜ必要?金銭トラブルの例.


    借用書ホットライン!

借用書(金銭借用書)はなぜ必要か? 金銭トラブルの例

借用書がなぜ必要か、をデータを交えてご説明します。
金銭トラブルは、友人、恋人、知人、身内だからこそ起こるものです。

【借用書(金銭借用書,借用証書)と金銭トラブルの例】
◆お金を貸したが、借用書も何も作成していない。
◆お金を貸す際に借用書を作成しようと思うが、どのようにしたら良いかわからない。
◆借主が書いた借用書の書き方に疑問がある。
◆ネットにあるテンプレートや例文を使って書かれているが、内容に疑問がある。
◆借用書に「利息」や「損害金」のとり決めがされてない。
◆いつ返してもらうのか、明確な取り決めがされていない。
◆借用書は、自分たちで作った。
◆借用書には「お金を借りました。山田太郎」と書いてあるだけだ。
◆知りあいに仕方なくお金を貸したが、携帯に電話をしても繋らなくなってしまった。
◆友人にお金を貸してから数ヶ月が経つが一円も返してくれない。
◆つき合っている彼にお金を貸したが、いっこうに返してくれる気配がない。
◆お金にルーズな彼。いい加減に返してもらって別れたい。
◆「儲かる話がある。すごい利益になる」といわれてお金を渡した。
◆お金を貸している相手から、お金を返してもらう前に、次の借金の申込があった。
◆相手からは「逃げも隠れもしない、返す」と毎回言われているが返してくれない。
◆知りあいに車を売り渡したが、お金の支払を待ってくれと言われた。
◆出会い系サイトで知り合った人からお金を貸してくれと言われ、振り込んだ。
◆お金を貸した相手が、お金を返さないままどこかに引越してしまった。
◆遠く離れている相手にお金を貸すことになった。
◆もらったお金だと思っていたら、督促された。
などなど・・・ 日常的に、よくある話ですね。

【借用書がない場合のトラブルの状況のまとめ】

貸主側の主張 借主側の主張
お金を貸した お金を借りていない
総額100万円位になる70万円位しか受け取っていない
月末には返してもらいたい来月のボーナス時の返済だったはず
利息を付けてもらいたい利息の約束などしていない
支払いが遅れた場合の損害賠償はもらえるはずそんな約束などしていない
いい加減に返して欲しい・・・・・・













お金の貸し借りは、法律的には、民法という法律が適用され、「金銭消費貸借契約」という「法律行為」になります。

そして、借用書(金銭借用書)がなくても、金銭消費貸借契約は、「お金を貸して欲しい」と頼まれて、 「いいよ。ちゃんと返してね。」 と意思表示をしたうえで、「実際にお金を貸したら」、法律上の契約が成立します。

借用書(金銭借用書)がなくても、金銭消費貸借契約は、「口頭だけで」、法的に「契約」として成立するのです。

借用書の書き方がどうだとか、テンプレートを使ったことがどうとか、そういう次元の前に、単に口頭だけでも「契約」が成立します。

※「借用書」に似た書面に、「金銭借用書」「借用証書」「金銭消費貸借契約書」があり、わざわざ難しい解説をしている法律職もいますが、要するに法律上の扱いにおいては、それらは ほぼ同じ扱いですので、その点を念頭におけば大丈夫です。(法律の授業ではありませんので、そこは難しく考える必要はありません。)

しかし・・・
「お金を知人に貸しました。しかし、返してくれそうな感じが全くありません。」
「返済期限が来たのでお金を返して欲しいと言ったら、来週返すと言いました。
でも、やっぱり返してくれません。」
というような金銭トラブルが後を絶ちません。

■借用書(金銭借用書)がないと、いずれこんなところで金銭トラブルに・・・

◎本当にお金を貸したのか?
→相手は借りていないと言っている

◎いつ貸した?
→いつだったか日付が特定できない

◎いくら貸した?
→相手はそんなに借りていないと言っている、または、すでに返したと言っている

◎いつ返す約束なのか?
→今月末だったけど、相手は来月末の約束だったと言ってきた

◎利息のとり決めは?
→もらいたいけど決めてない

◎約束どおりに返さなかったときの損害賠償は?
 →賠償請求したいけど決めていない

こういう状況のとき、相手に言っても言っても、相手はのらりくらり・・・
相手との食い違い。平行線・・・もう、お金は返ってきません!!
あいまいなままお金を貸したことが、後日、非常に多くの金銭トラブルを生みます。
貸した側がお金を貸したことを主張しても、証拠がないことは認められません。

残念ながら口約束は、一瞬にして消えてしまいます。
たとえ、だまされて警察に届けるにせよ、法的手続をとるにせよ、金銭トラブルになった場合、お金を貸したことが、きちんとした書面(借用書・金銭借用書)に残されていなければ、お金を貸したという証拠にはなりません。

もちろんお金を返してもらうことはできません。

友人だから、恋人だから、知人だから、身内だから問題はないだろうと思っていても、 友人だから、恋人だから、知人だから、身内だからこそ、金銭トラブルは多いのです。

借用書ホットライン!へのご相談も毎日毎日、後を絶ちません・・・
金銭トラブルで 借用書ホットライン!にご相談される件数の約45%が恋人(元恋人)に貸したお金、25%が友人、10%が知人、
8%が家族間の貸し借り、残りは出会い系サイトで知り合っただけの相手や、インターネットや携帯電話で知り合った相手
との金銭トラブルです。

もし、あなたが「相手にお金をあげるつもりで渡したのではなく、きちんと返してもらうつもりだ。」と思っているのなら、金銭トラブルを防ぎたいのであれば、最低限、借用書(金銭借用書)の存在がとても重要になります。

もちろん、間違った書き方や、状況にあっていない例文を使ったのでは証拠も生きてきませんので注意が必要です。

お金を貸す時には、適正な借用書(金銭借用書・金銭消費貸借契約書)をきちんと作成することで、きちんとお金を貸した証拠にすることができます。

しっかりした借用書(金銭借用書)があるのと無いのでは、借主の意識が変わってきます。
お金を貸した後でも、遅くはありません。
借用書(金銭借用書)などのきちんとした証拠を残すことは、非常に大切なことです。

借用書(金銭借用書)などの何の書面の取り交しもしないままにお金を貸してしまった場合や、不備がある借用書しか存在しないために、致命的な金銭トラブルにおちいった人は世の中に溢れるほどいるので、注意をしてください。

金銭トラブルは、お金が戻らないだけでなく、その間の精神的な苦痛は計り知れないものです。
多くの方が、金銭トラブルについて、友達にも家族にも相談できずに悩んでいます。

致命的な金銭トラブルを回避するために、お金を貸すときには、最低限、適正な借用書(金銭借用書) を作成することが大切です。

◆証拠に残すための必要事項を盛り込むこと。
◆法律に反しない取り決めをすること。
◆借主にしっかり返済してもらうための効果的な文言と書式にすること


(注)安易な借用書(金銭借用書)の作成は大変危険です!
ご相談者の借用書(金銭借用書)を拝見すると、書き方や書式の不備があったり、内容が法的に適合していないことから、無効の借用書が非常に多いのが実情です。

借用書のテンプレートや例文、市販の雛形が、状況に適しているとは限らないので、慎重に作成することが必要です。

しかし、残念ながら、適正な借用書(金銭借用書)も万能ではありません。
借用書(金銭借用書)には法的な回収力はありません。

【重要】
「金銭トラブルの防止と対応についての詳しい話」を知りたい方はこちらでお伝えしています。

   ご依頼・ご相談はこちら

【フジテレビの情報番組で紹介】
借用書の書き方
借用書の書き方
フジテレビの朝の情報番組の「とくダネ!」で、平成26年3月26日、金銭トラブルの問題や予防や対処方法に関し、当事務所代表の話が放映されました。
----------------------------------------
当事務所は、フジテレビの朝の情報番組の「とくダネ!」から、平成25年10月25日に取材を受けました。


【毎日新聞の夕刊の第一面に掲載】
借用書の書き方
当事務所は、毎日新聞より取材を受けて、平成25年9月26日(木)の夕刊の第一面に代表のコメントが掲載された事務所です。


【フジテレビの情報番組で紹介】
借用書の書き方
フジテレビの朝の生活情報番組の「ノンストップ!」で、平成28年2月5日、遺言・相続に伴う金銭トラブルについて、当事務所代表の話が放映されました。


【日本テレビの報道番組から出演依頼】
借用書の書き方
当事務所は、日本テレビの日曜報道番組の「真相報道バンキシャ!」から平成25年12月1日の出演依頼を受けました。(事件発生のため急遽番組内容の差替え)


【ラジオ番組に生出演】
 借用書・公正証書についてのお話 借用書・公正証書についてのお話
FM江戸川の『TOKYO RIVERS WIDE』に生出演しました。借用書・公正証書など、お金の貸し借りで失敗しないためのお話しをしました。(現在番組終了)


「タレントの藤崎奈々子さんと対談」
借用書の書き方
タレントの藤崎奈々子さんが当事務所へ訪問し、金銭トラブルの実情と対処法や借用書・公正証書の作成について対談しました。
藤崎さん自身の借用書や金銭トラブルの経験の話もしました。


特定行政書士 河野秀勝 プロフィール

借用書ホットライン! 財閥系企業での在職時と会社経営において、裁判ざたにせずに金銭問題に対応して決着をはかる長年の業務経験を持つ。
不動産会社顧問、マンション管理士事務所代表、行政書士事務所相談役の兼務を経て、行政書士から「特定行政書士」へ。
成蹊大学 法学部 法律学科 卒業
特定行政書士、マンション管理士、宅地建物取引士、管理業務主任者、区分所有管理士、ファイナンシャルプランナー
プロフィールの詳細はこちら


特定行政書士 河野真弓 プロフィール

借用書ホットライン! 弁護士秘書、司法書士事務所、大手不動産会社、大手ローン保証会社において、各種の金銭問題に携わった後、行政書士から「特定行政書士」へ。
20年以上の法務経験を持つ。
温厚な性格ながら、金銭問題の他、刑事問題にも幅広く強い。
明治大学 法学部 法律学科 卒業
特定行政書士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー
プロフィールの詳細はこちら


ご依頼・ご相談の窓口
  (公正証書・借用書・ご相談)

■メルマガ(借用書に見た!貸したお金よ返って欲しい)(無料)
借用書ホットライン!には、「どんな書面の書き方をすれば良いのでしょうか?」「貸したお金をきちんと返済してもらうようにしたいのですが・・・」など、お金の貸し借りについてのご相談が相次いでいます。金銭トラブルを防ぐには、「お金の貸し借りの際に、単に借用書や公正証書などの書面の作成をするだけではダメ」です。裁判ざたにせずに金銭問題に対応して決着をはかる豊富な実務経験を持つ実践派の「特定行政書士」が、借用書や公正証書などを交えて、「お金の貸し借りのトラブル」にまつわるお話をやさしくお伝えしています。 ■まぐまぐによる配信まぐまぐ

借用書ホットライン!のHPに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
Copyright©2002~ 借用書ホットライン! All Rights Reserved.