陰陽五行思想



東洋系占いでは、非常に重要な位置を占めているのが陰陽五行思想です。ここではその陰陽五行思想とはどういうものなのか、について、簡単に解説したいと思います。

陰陽五行思想とは、陰陽思想と五行思想が合体したもののことを言います。

陰陽思想とは、簡単に言えば、世界は混沌から陽、と陰の2つに分かれたものである、という思想です。そして同じもの、「混沌」から生まれたものであるゆえに、二つは完全に相反するものではなく、相対的な関係にあります。つまり、陰陽は互いに対立するものではあるけれども、隣同士で少し混じりあった部分もあるから、ある時点では陽が陰になり、陰が陽になることもある。そうやって互いに行き来しあっているものだということです。・・・ああもうすでになんだか難しいことになってる(涙)




こういうのを「大極図」といい、陰陽を表す図です。白が陽、黒が陰。でも白の中にも黒、黒の中にも白がありますね?この図と合わせて考えてみれば、多少は理解していただけるのではないかと思います。万物はそれが置かれている状況、たとえば時間などの要因によって、陽にも陰にもなる、ということなのです。
ネオンの光は時間が昼間(陽)の中にいるとまったく目立たない(陰)だけど、時間が夜(陰)になって暗くなれば輝く(陽)になる。同じように、この万物には人間も含まれますから、時間が経過すると、陽(吉)であったものも、陰(凶)になることがあるのだ、と考えてもらったらいいでしょう。

ちなみに、陽の定義は活動的、攻撃的、積極的なもの。男、太陽、天、剛、火、表、日中、吉、善、人間など。
陰の定義は沈静的、防衛的、受身的なもの。女、月、地、柔、水、裏、夜間、凶、悪、妖怪など。
これらはつまり表裏一体。昼と夜は一日に必ずやってくるし、男だけ、女だけでは世界は成り立たない。またあるときは善であっても、いつ悪になるか分からない。それが陰陽、という思想なのです。・・・かなり説明不足かもしれませんけど(^^;)


そして五行説とは、万物万象は「木・火・土・金・水」の5つの元素で出来ているという説です。「どうして?」という説明はこの際、話が難しくなるだけなので抜きにしましょう(^^;)説明しなくても、まあ納得できなくもないですよね?で、この五行説に陰陽思想が合体して、五行に陰陽の性質を持たせた結果出来たのが、「陰陽五行思想」なのです。

それぞれの五行の要素、キーワードについて少しまとめてみましょう。


木、火は陽、土は中間、金、水は陰だそうです。納得できるような、できないような(^^;)


相生(そうせい)と相剋(そうこく)

さて、この陰陽五行説で重要なのが、相生と相剋の関係でしょうね。


                    




これは、この相生、相剋の関係を図にしたものです。五芒星と言ったほうがいいでしょうか。

外側の円は、時計回りで、相生の関係を指しています。相生とは、お世話する関係とでもいいましょうか。木は、燃えることで火を生み、火は燃え尽きて灰から土になり、土の中からは金属が掘り出され、金属のまわりには水滴が付き、水は木を育てるといった感じです。
逆時計回りは、逆相生。お世話をされる関係ですね。木は水があってこそ育つ。水は金(固形物)がなければ存在できない。そして金は土がなければ作られないし、土は灰がなければ出来ず、火は木のように燃えるものがなければ生まれない、といった風にです。この2つの関係は、相性がいいと言えます。当然お世話してくれる(逆相生)の方が相性はいいです。

逆に円の内側の、星形を描いている図形の関係は悪いと言えます。
木→土→水→火→金→木という順序を相剋と呼びます。
木は土から養分を吸い上げ、土は水をせき止め、水は火を消し、火は金属を溶かし、金属は木を切ってしまう。苦しめる(イジメる)関係ということになります。
で、逆順序の関係を逆相剋といいます。つまり苦しめられる(イジメられる)関係とでも言いましょうか・・・木は金に苦しめられ、金は火に、火は水に、土は木に苦しめられる。
逆相剋(木にとっての金)の方が相性は悪いですね。相手に力を取られ、苦しめられるわけですから。
でも相剋(木にとっての土)も良くはありません。制することは出来ても、相手を苦しめれば当然反発に合います。また水は火を消せば蒸発するように、自分だって力を削られますし、相手を侮れば、大きくなった力にしっぺ返しを食らう危険があるのです。

かなりややこしいですが、とまあ、こんな相関図が出来るわけです。東洋系占いの相性の善し悪しは、この図の関係が大まかな元になってることが多いようですね。あ、同じ属性同士は、特に影響を与え合わないので、相性はまあまあいい方だと言えるでしょう。


干支とか八卦とかは、この関係をさらに細かく分けたりして作られているようです。簡単に言えば「木」は寅・卯・(辰)、「火」は巳・午・(未)、「土」は辰・未・戌・丑、「金」は申・酉・(戌)・「水」は亥・子・(丑)になります。
()で囲って、土と、他の違う属性と二つに割り当てられている干支がありますね。これは、「土」は4つの属性全てを持つという思想から、土に配置されている4つの干支が、他の4つの属性に1つずつ割り当てられることもあるようなのでそうしました。でも普通は「土」だけの干支として、木は寅と卯のみとすることが多いようですね。

・・八卦は正直そこまで説明する気力ないです(−−;)難しいし(泣)

そこまで知りたい人は、専門のHPか本を探すことをお勧めします・・・リンクコーナーに一つ、すごい詳しいとこを見つけたので、紹介しておきます。