耶牟原城1

(やんばるじょう)



 いよいよ大詰め、耶牟原城です。
 それまでに、参加させる武将はできるだけレベル16以上、武器レベル4にしておいてくださいね。陀斉城から耶牟原城への攻撃には、ターン制限がありませんから、よほどのんびり攻略してない限り、余裕があるはずですし。最後だけあって、割と敵も強いですから。

 ・・・まずいないと思いますが、狙った女性の告白イベントを受けて、恋人を決定しておくことも、お忘れなく。
 そして、この耶牟原城戦からはエンディングまで、セーブができません。最速でも1時間はかかるでしょう。耶牟原城攻略後もかなり長いですし、ゆっくり楽しみたい人は、時間のある時にプレイすることをオススメします。
 つまり、エンディングを見返したいと思ったら、この戦闘を最初からやらないといけないわけで・・・結構不便(−−;
 
 耶牟原城に進軍すると、斥候が狗根国軍の動向を報告してきます。東山が後方から挟撃しようと迫ってきている、と聞いた天目は、自分が迎え撃つことを九峪に提案。訳ありだと察した九峪はそれを許可します。その際に天目と、彼女の動向が気にかかった天空人兄妹が抜けることになります。
 直後に軍団再編成があるので、回青戦と蛇渇戦に挑む4軍団を決めてください。
 方術使いをメインに構成すると楽です。また、閑谷と寝太郎の「華幻分身」は、実質方術部隊を増やすのと同じですから、かなり重宝します。この2人は別の戦に参加するようにすると良いでしょう。
 この際、九峪軍が蛇渇戦に参加するように選択しておくと、蛇渇戦の後、ちょっとしたセリフが追加されますよ。

 再編成後、舞台は天目サイドに移ります。
 東山と相対した天目は、自分が出面王族の生き残りであることを告げ、仇討ちのために一騎打ちを挑みます。
 時間制限なし、どちらかが倒れれば決着です。ここで天目が負けるとゲームオーバー、セーブ時からやり直しになるのでご注意を。防御に気をつけつつ、朱雀などの方術を連発していけば、勝つのは難しくないでしょう。
 ちなみに天空人兄妹は、東山以外の敵を倒して援護する、という名目で、直接戦闘には参加しません。重要キャラだけど、つくづく戦闘では役に立たない人達です(^^;

東山 レベル17 HP637


 東山戦が終わると、舞台は耶麻台国軍サイドに戻ってきます。ここからが耶牟原城攻略の本番です。
 回青戦と蛇渇戦で分けました。

 耶牟原城2(回青戦)   耶牟原城3(蛇渇戦)


 この2戦終了後、紫香楽は魔界の泉がある、地下神殿へと逃れていきます。彼は、最後の決断をしたのです。
 それは、自らが魔界の泉の水を飲む、ということ。

 追ってきた九峪達が見たもの。それは崩壊した魔界の泉の跡と・・・泉の水を飲み干し、異形のモノへと変わり果てた、紫香楽の姿でした。

 この先は、「エンディング」へ続きます。


BGM・異界への道