植生城

(うえきじょう)

固有コマンド・・・鍛冶




・・・山   ・・・峰   ・・・森林   ・・・草地

・・・小川   ・・・大河(進入禁止)

・・・城   ・・・石碑   ・・・村   ・・・砦


赤い線とAB・・・火奈久城から進攻した場合のフィールドと初期位置
ピンクの線とAB・・・飛田城から進攻した場合の  〃
青い線とAB・・・阿楚城から進攻した場合の  〃
白い線とAB・・・火奈久・阿楚の両方から進攻した場合の  〃
黒い線とAB・・・飛田・阿楚の両方から進攻した場合の  〃
オレンジの線とAB・・・火奈久・飛田の両方から進攻した場合の  〃




最大取得アイテム
聖水の小瓶、大地の聖水(砦)
聖水の小瓶、大地の聖水(マップクリア)

探索結果
紫水晶の小箱(1回目)
中和の雫、鉄の重し(2回目以降)




雲母(大将) レベル14 HP488
益古兵(槍)×2 HP274


名前 レベル 体力 地形 名前 レベル 体力 地形
左道士長 13 HP425 平地 高田 12 HP366
左道士×2 HP237
高田兵(槍)×1 HP220
高田兵(槍)×2 HP204
高取兵(斧)×1 HP219
高取 12 HP392 高取 11 HP360
高取兵(斧)×3 HP219
高取兵(斧)×2 HP201
埴輪兵乙(剣)×1 HP201
高取 12 HP392 高取 11 HP360
高取兵(斧)×2 HP219
方術士×1 HP219
高取兵(斧)×2 HP201
高田兵(槍)×1 HP187
安南 12 HP392 平地  
埴輪兵乙(斧)×2 HP219
高取兵(剣)×1 HP219




 どうみても前方後円墳な地形がマップ中央にあるという、とても特徴のあるマップです。
 マップパターンは6。特徴がある分、飛田よりは楽しかったけど、やっぱ6はマップ線入れが死にました(泣)白のABが分かりにくいですが、赤Bの横と、青Aの下にあります。

 一番いいのは、オレンジ線。飛田城と火奈久城から攻めるルートです。砦と村、全てが入るのはこのルートだけですから。城までの距離も近く、挟み撃ちができるので、攻略も楽です。しかし、飛田城をクリアしていないと選べません。飛田城をクリアしているなら、このルートにするべきです。
 どちらかといえば、植生城を先にクリアするより、飛田城を先にクリアしたほうが、経験値も稼げて得でしょう。

 敵は狗根国兵ばかりです。左道士長以外はコンボだけで、特殊能力はありません。そんなに恐れる必要はないかと。
 しかし左道士長は、烈風の術を使います。レベルも武将の中で一番高いし、コンボもそれなりに強いです。こちらも方術で対抗して、早めに倒すといいでしょう。

 雲母の対処法は、これまでと同じです。方術で一気に削るか、九峪などの強い武将で部下を全部潰し、集中攻撃するか、です。・・・が、白虎反魂3連発されると、レベル17の九峪でも部下全滅します(^^;
 倒してマップクリアをすると、雲母も帖佐同様、一騎打ちになります。九峪か、九峪がいないならA軍の女王候補になるのも同じです。単体でも攻撃力が高く、大抵の人が強くしているだろう九峪なら問題ないですが、そうでないなら、A軍は方術の使える候補にすることを忘れないように。志野、藤那、星華以外の、直接攻撃しか出来ない候補では、さすがにキツイでしょう。

 雲母を倒すと、狗根国側に上将軍の東山、回青が到着するイベントと、天目も出撃の用意を整えるイベントが起きます。
 このあたりの紫香楽の言動は、100%ギャグです。憎めないというかバカというか(^^;