鹿谷城

(かのやじょう)

固有コマンド・・・鍛冶




・・・森林   ・・・山   ・・・荒地

・・・城   ・・・石碑   ・・・村

A・・・最初に選択した耶麻台国軍の初期位置
B・・・後から選択した耶麻台国軍の初期位置


最大取得アイテム
白虎の石像(石碑)
巫女の水晶・巫女の護符(マップクリア)

 探索結果
赤い花瓶(1回目)石の重し、気合の砂時計(2回目以降)




鹿谷城城主(大将) レベル5 HP150 平地
埴輪兵丁(槍)×3 HP75


名前 レベル 体力 地形 名前 レベル 体力 地形
出石 HP141 平地 笠原 HP119 平地
埴輪兵丁(剣)×3 HP71  埴輪兵丁(弓)×2 HP60 
埴輪兵丁(槍)×1 HP55
出石 HP141 平地 笠原 HP97 平地
埴輪兵丁(槍)×2 HP64 
埴輪兵丁(剣)×1 HP71
埴輪兵丁(弓)×3 HP49




 クリアデータから始めた場合、ここか久指間城のどちらかを、最初に攻略することになります。
 城攻めの提案をした候補を、なるべく加えるのをお忘れなく。もう一方の軍は誰を連れて行っても苦戦することはないはずです。

 山が入り組んでいるので進行に多少難がありますが、峰はありませんからまだマシですね。そのまま突っ切っていっても、それほど苦労はありません。でもまあ少しでも短縮したいなら、進行方向左の森のあたりを抜けていくといいですね。ついでに石碑のアイテムを取れますし。
 後は特に気をつけなければいけない点はないと思います。敵も大して強くないし。
 大将のみ攻撃力とコンボに気をつける必要がありますが・・・兵士がいる限りコンボを毎回使ってくるので、兵から倒すことを気をつければ、問題ではありません。
 
 ・・・しっかし・・・公式ガイドブックも、山属性の武将で攻略しろ、とは無茶を仰る(^^;耶麻台国軍に山属性の武将が加入することはありません(爆)


 攻略した後の展開は、先に久指間城を攻略していたかどうかで変わってきます。

 既に久指間城を落としていて、星華と宗像3姉妹の両方を仲間にしていた場合は、特に変わったことは起こりません。
 久指間城を落としていなかった場合は、星華が九峪の元を訪ねてきて火魅子候補であることが判明し、久指間城下にいる宗像3姉妹の存在を話します。
 で、1ターン待っていれば3姉妹が星華の元へやって来て、両方仲間になります。
 1ターン待たずにすぐ久指間城に攻め込んだ場合。このときは久指間城攻略後に、3姉妹が九峪の元を訪ねて来ます。彼女達は既に鹿谷解放のことと星華が合流したことを知っていました。そして九峪に星華のところへ連れて行ってもらった彼女達は、そこで仲間になるのです。

 星華は自分が王家の人間だということを知っていて、3姉妹と共にレジスタンスの組織をつくり、ここ数年狗根国に抵抗する活動を続けていたそうです。しかし3姉妹以外の人間には、自分が耶麻台王家の者だということを伏せていました。ですがそんな自分だけでは求心力が足りないこと、もっと強力な指導者が必要なことを痛感していた彼女は、神の遣いが率いる軍が蜂起したことを知って、訪ねてきたのです。

 星華が加われば、火魅子候補は3人揃ったことになり、軍団としては4つになる。これでかなり動きやすくなるはずですよ。

ちなみにこの鹿谷城。宮殿の屋根が鹿の角の形だったりします・・・芸が細かい(笑)