海老乃城

(えびのじょう)

固有コマンド・・・祈祷


海老乃城


・・・森林   ・・・草地   ・・・斜面   ・・・平地

・・・峰   ・・・城

赤い線とAB・・・鹿谷城から進攻した場合のフィールドと初期位置
オレンジの線とAB・・・米羅城から進攻した場合の  〃
青い線とAB・・・鹿谷城と米羅城両方から進攻した場合の  〃  



 最大取得アイテム
流水の小瓶×2(マップクリア)

探索結果
武将・重然(1回目)
バラの花瓶(2回目)中和の雫、風速の羽(3回目以降)



美羅(大将) レベル6 HP201 平地
不死族×3 HP120


名前 レベル 体力 地形 名前 レベル 体力 地形
魔魅伊羅 HP201 平地 岷明 HP130
不死族×2 HP120
猫魔族×1 HP103
猫魔族×2 HP78
不死族×1 HP91
魔魅伊羅 HP175 平地 狗沙泥 HP141 平地
不死族×3 HP105 
梵出族×2 HP78
不死族×1 HP91
岷明 HP150  
猫魔族×3 HP90


兎音(援軍) レベル6 HP201
魔兎族×3 HP103


 城を中心に、上下左右ほぼ同じような地形が展開されているマップです。ですから鹿谷城、米羅城どちらから攻めても変わりません。石碑も村もありませんしね。武将が多く、なおかつレベルが5以上あるなら米羅城、鹿谷城、両方から攻めて敵の掃討を楽にするのもいいでしょう。

 攻撃提案は輪二塚と海老乃の両方が同時に行われますが、輪二塚を先にしたほうがいいでしょうね。海老乃の方が敵レベルが高いですから。
 その上、このマップからは援軍として兎音が登場します。兎音は素早さ、攻撃力ともに高く、コンボも多用してくる難敵です。しかし彼女も倒さないと完勝にはなりませんので、出来る限り倒したいものです。経験値もオイシイので、レベル5以上の元気な武将でぶつかって、トドメは軍団長で刺すことをお勧めします。彼女は虎バサミを入手して捕まえるまで、火奈久城の1回目を攻略するまでの間、毎回出てきます。

 大将の美羅は、味方に使う「正幻防」の術はともかく、「震激」を1度の戦闘で大抵1回は使うヤな奴です。輪二塚城同様、方術使いをぶつけてHPを削るといいでしょう。

 海老乃城を攻略した直後、九峪は戦場に迷い込んでいた愛宕と出会います。彼女は10日も前から迷っていて、帰り道が分からないとのこと。ウミヘビのミー君ともども困っていた彼女は、耶麻台国軍にしばらく置いて欲しいと九峪に頼み、軍に加わりました。

 また、この城で探索をかけると、武将の重然を見つけることが出来ます。この重然と、輪二塚城で見つかる織部のどちらを先に仲間にしているかで、会話の中身が違ってきますが、仲間になることは同じです。
 織部は狗根国に殺された父親の仇をとるべく、軍に参加してきます。で、織部の束ねていた盗賊団に属していたのが重然でした。どちらも攻撃力が高いので、まだまだ武将の少ないこの時期には、特に重宝します。