甲斐性なしへの道
(その2)



<上乃>

(怒りの時)
九峪「上乃のやつ、だいぶ怒ってたな。ここはうまくフォローが必要だな。なあ、上乃はどこへいったんだ?」
兵士「はい、町の方へ行かれました」
九峪「ふぅ〜、やれやれ、どうしたもんかな・・・・・・」

 夜、屋台のおでん屋でやけ食い中の上乃。
上乃「九峪様はどうしてこう無神経なんだろ。チョ〜ムカツク〜!」
九峪「よう、上乃。こんなところでやけ食いかい?」
上乃「ほっといて!」
九峪「それにしてもいい食いっぷりだな」

 選択肢・オレも対抗して食べよう

九峪「ようし、じゃオレも負けてられないな。食べるぞ!」
上乃「九峪様!それってイヤミ?もう、せっかく人が全部忘れようとしてるのに!」
九峪「だって食事は1人で食べたっておいしくないぜ」
上乃「知らない!」
 立ち上がり、上乃は去っていった。
九峪「あっ、上乃!もう食べないのか?もったいないな!」
町人「すみませんがお連れの方ですか?」
九峪「え?ええ・・・」
町人「あの、先ほどのお客様、お代がまだなのですが」
九峪「へ?」

 選択肢・とめる!

九峪「もう、やめときなよ。でないと太るぜ」
上乃「知らない!悪いのは九峪様なんだからね!」
九峪「そんなに怒らないでくれよ」
上乃「まだ、なにか用?」
九峪「いや、気が済むまで食べてていいけど・・・歩けないなんてことになるなよ・・・」
上乃「よけいなお世話よ!」

 選択肢・とりあえずおごる

九峪「わかった、わかった。今日はオレのおごりで、心ゆくまで食べてくれ」
上乃「そぉ、少しは気を利かせてくれるようになったんだね」
九峪「ああ、まあね。なんか、悪いなぁ〜って」
上乃「今日はやけに素直なんだ」
九峪「そうだな。上乃にはかなわないからな」
上乃「うふふ。わかってるじゃない」
九峪「ああ、まあね」
(やれやれ、なんとか機嫌が直ったぞ)

別バージョン
九峪「さて、上乃を誘おうかな。でもこの前は機嫌を悪くしちゃったからな・・・」
上乃「・・・どうして、あたしに報告がなかったの!」
兵士「も、もうしわけありません」
九峪「どうしたんだ?」
上乃「あたしに大事な報告が来てなかったの!」
九峪「まあまあ、その辺にしてやれよ」
上乃「九峪様は黙ってて! こんな大事なときに任務をおこたるなんて!」
九峪「と、とにかく・・・」

 選択肢・上乃も機嫌をなおせよ

上乃「それじゃあ、あたしが兵士をいびってるみたいじゃない!」
九峪「そ、そういうつもりで言ったんじゃないよ!」
上乃「なら、黙っててよ!」
九峪「わ、わかった!」
(だめだ、完全に怒ってる)

 選択肢・そうだ! おまえもマジメにやれ!

上乃「とにかく今後はどんな小さなことでも、すぐにあたしに報告して!」
九峪「そうだ、そうだ!」
上乃「じゃ、もう忘れないでよ!」
九峪「ああ、もういいぞ!」
上乃「九峪様はさっきからうるさいの! すこし黙ってて!」
九峪「え? あ、はい・・・」
上乃「そう言えば九峪様にも言いたいことが山ほどあるんだからっ!」
九峪「そ、そんな、それはまた今度にしようぜ・・・」
上乃「まったく!」

 選択肢・当たり散らすのはやめろよ

上乃「誰が当たり散らしてるの!? あたしは注意してるの!」
九峪「それより気晴らしに今度、だんご屋にでも行かないか?」
上乃「・・・おだんご? 行く行く!」
九峪「な、だから機嫌なおせよ」
上乃「もっちろん! ・・・おだんごかぁ、なんにしよぉ〜。みたらし、きなこ、やきみそ・・・」
九峪「ふう。やっと機嫌なおしてくれたよ」


<亜衣>

(怒りの時)
九峪「さて、亜衣さんを誘おうかな。でもこの前は機嫌を悪くさせちゃったからな」
亜衣「・・・どうして私に報告しなかったのですか!」
兵士「も、もうしわけありません」
九峪「どうしたんだ?」
亜衣「部下が報告をおこたったのです」
九峪「まあまあ、その辺にしてやれよ」
亜衣「九峪様は黙っててください。この大事なときに任務をおこたるなんて!」
九峪「と、とにかく」

 選択肢・亜衣さんも機嫌をなおしてよ

亜衣「それでは私が兵士たちを、いびっているように聞こえるではありませんか!」
九峪「そ、そういつもりで言ったんじゃないよ!」
亜衣「でしたら、黙っててください!」
九峪「わ、わかった」
(だめだ、完全に怒ってる)

 選択肢・そうだ! おまえも真面目にやれ!

亜衣「とにかく今後はどんな小さなことでもすぐに報告するようにしなさい!」
九峪「そうだ、そうだ!」
亜衣「頼みましたよ!」
九峪「ああ、もういいぞ!」
亜衣「九峪様! さっきからうるさいですね! 少し黙っててください!」
九峪「え? あ、はい・・・」
亜衣「そう言えば・・・九峪様にも、言っておくことが山ほどあります!」
九峪「そ、そんな、それはまた今度にしようぜ・・・」
亜衣「まったく!」

 選択肢・当たり散らすのはやめろよ

亜衣「誰が当たり散らしていると! 私は注意しているんですよ!」
九峪「それより気晴らしに今度、墓地にでも行かないか?」
亜衣「・・・墓地!・・・いいですね!」
九峪「ね、だからさ、機嫌をなおしてよ」
亜衣「・・・わかりました」
九峪「・・・ふう、やっと機嫌をなおしてくれたよ」


<夷緒>

(怒りの時)
九峪「夷緒のやつ、だいぶ怒ってたな。ここはうまくフォローが必要だな。なあ、夷緒はどこへいったんだ?」
兵士「はい、町の方へ行かれました」
九峪「やけ食いでもしに行ったな」

 夜、屋台のおでん屋でやけ食い中の夷緒。
夷緒「九峪さまはどうしてああも無神経なんでしょう、まったく・・・」
九峪「よう、夷緒。こんなところでやけ食いかい?」
夷緒「ほっといてください!」
九峪「それにしてもいい食いっぷりだな」

 選択肢・オレも対抗して食べよう

九峪「ようし! じゃ、オレも負けてられないな。食べるぞ!」
 立ち上がる夷緒。
夷緒「九峪さま、それってイヤミですか! もう、せっかく人がなにもかも忘れようとしてるのに!」
九峪「だって食事は一人で食べたっておいしくないぜ」
夷緒「知りません!」
 そのまま去っていく。
九峪「あっ、夷緒! もう食べないのか? もったいないな」
町人「すみませんがお連れの方ですか?」
九峪「え? ええ・・・」
町人「あの、先ほどのお客様はお代がまだなのですが」
九峪「へ?」

 選択肢・とめる!

九峪「もう、やめときなよ。でないと太るぜ」
夷緒「知りません! 悪いのは九峪さまですから!」
九峪「そんなに怒らないでくれよ」
夷緒「まだ、なにか用ですか?」
 困った顔で、
九峪「いや、気が済むまで食べてていいけど、歩けないなんてことになるなよ・・・・・・」
夷緒「大きなお世話です!」

 選択肢・とりあえずおごる

九峪「わかった、わかった。今日はオレのおごりで心ゆくまで食べてくれ!」
夷緒「そうですか。少しは気を利かせてくれるようになったんですね」
九峪「ああ、まあね。なんか、悪いなぁ〜って」
夷緒「まあ、今日はやけに素直なんですね」
九峪「そうだな。夷緒にはかなわないからな」
夷緒「うふふ、わかってるじゃないですか」
九峪「ああ、まあね・・・・・・」
(やれやれ、なんとか機嫌がなおったぞ)


<羽江>

(悲しみの時)
九峪「羽江は最近元気ないんだよな。誘っても大丈夫かな・・・とりあえず、行くだけ行ってみるか。
兵士「九峪様、それはお待ち下さい。羽江様は気分がすぐれないと部屋に引きこもっておられます」
九峪「やっぱりそうか。うーん、どうするかな・・・」

 選択肢・あきらめて他の女の子を誘うか

九峪「しかたがない。しばらくほうっておこう・・・」

 選択肢・ここは星華に励ましてもらおう

兵士「はい! では星華様をお呼びします」
星華「九峪様。羽江の元気がないそうですね」
九峪「ああ、そうなんだ。だからオレと一緒に羽江を励ましてほしいんだ」
星華「かしこまりました」

星華「羽江、私です・・・元気がないって聞いたわよ」
羽江「あ、星華さま・・・心配させちゃってごめんなさい」
星華「ううん、いいのよ・・・それよりも大丈夫なの?」
羽江「うん、もう大丈夫・・・星華さまが来てくれたおかげで、少し元気になっちゃった」
星華「・・・お礼は九峪様に言いなさい」
九峪「・・・よお」
羽江「九峪さま?」
星華「羽江に元気がないので私に励ますようにって・・・」
羽江「そう・・・九峪さまが・・・」
星華「じゃあね・・・」
九峪「お、オレも行くよ・・・羽江、元気出せよ」
羽江「うん・・・九峪様・・・ありがとう・・・」


<織部>

(怒りの時)
九峪「織部のやつ、だいぶ起こってたな。ここはうまくフォローが必要だな。なあ、織部はどこへいったんだ?」
兵士「はい、町の方へ行かれました」
九峪「ふぅ〜、やれやれ、どうしたもんかな・・・・・・」

 夜、屋台のおでん屋でやけ食い中の織部。
織部「まったく、あの野郎無神経な奴だぜ。人の気も知らねえで・・・」
九峪「よう、織部。なんだ、やけ食いしてるのか?」
織部「お前の知ったことか!ほっといてくれよ!」
九峪「それにしてもいい食いっぷりだな」

 選択肢・オレも対抗して食べよう

九峪「ようし、じゃ、オレも負けてられないな。食べるぞ!」
織部「ほんっとに無神経な奴だな!ほっといてくれってんだよ!」
 箸をおき、立ち上がる織部。
九峪「だって食事は1人で食べたっておいしくないぜ」
織部「やかましい!」
 そのまま去っていく。
九峪「あっ、織部!もう食べないのか?もったいないな」
町人「すみませんが、お連れの方ですか?」
九峪「え?ええ・・・」
町人「あの、先ほどのお客様はお代がまだなのですが」
九峪「へ?」

 選択肢・とめる!

九峪「もう、やめときなよ。でないと太るぜ」
織部「おれが太ろうがやせようが、関係ないだろ!」
九峪「そんなに怒らないでくれよ」
織部「メシがまずくなるから、どっか行けよ!」
九峪「気が済むまで食べてていいけど、食べ過ぎて歩けない・・・なんてことになるなよ」
織部「うるせえ!大きなお世話だ!」

 選択肢・とりあえずおごる

九峪「なあ織部、機嫌直してくれよ。おわびと言っちゃなんだけど、今日はオレがおごるよ。気が済むまで食べていいから」
織部「お?珍しく気が利くじゃねえか」
九峪「いや、まあ、この間はオレが悪かったな、なーんて思ったからね」
織部「食い物でごまかそうなんて、ありがちな手だが・・・今日のところは、ごまかされておいてやるか!」
九峪「そうこなくっちゃな。さ、どんどん食べてくれよ」
織部「ほら、九峪も食えよ!なかなかうまいぞ、これ!」
 肩をすくめ、ため息をつくしかない九峪だった。

<愛宕>

九峪「愛宕のやつ、だいぶ怒ってたな。ここはうまくフォローが必要だな。なあ、愛宕はどこへいったんだ?」
兵士「はい、町の方へいかれました」
九峪「やけ食いでもしにいったかな」

愛宕「もう、九峪サマのバカぁ!ボクの気持ちも知らないで!」
九峪「よう、愛宕。こんなところでやけ食いかい?」
愛宕「なーに?ボクのことはほっといてよ!」
九峪「それにしてもいい食いっぷりだな」

選択肢・オレも対抗して食べよう

九峪「ようし、じゃ、オレも負けてられないな。食べるぞ!」
愛宕「ジャマしないでよ!ボク、ひとりになりたいんだから!」
九峪「だって食事は一人で食べたっておいしくないぜ」
 屋台をたたいて立ち上がる愛宕。
愛宕「もう知らない!ボク、帰る!」
 そのまま去っていく。
九峪「あっ愛宕!もう食べないのか?もったいないな」
町人「すみませんが、お連れの方ですか?」
九峪「え?ええ・・・」
町人「あの、先ほどのお客様はお代がまだなのですが」
九峪「へ?」
町人「それと、申し上げにくいのですが・・・」
九峪「まだ何かあるのか?」
町人「先ほどのお客様が、ずいぶんたくさんのお皿を壊されまして・・・」
 ため息をつくしかない九峪。

選択肢・とめる!

九峪「もう、やめときなよ。でないと太るぜ」
愛宕「ボク太ってなんかいないもん!九峪サマのバカぁ!」
 滝汗の九峪。
九峪「いや、『太ってる』じゃなくて『太っちゃうよ』って・・・」
愛宕「どっちでもいいでしょ!もう、あっち行ってよ!」
九峪「わかったわかった。気が済むまで食べてていいけど、ちゃんと帰ってくるんだよ」
愛宕「ボク太ってなんかいないもん!」

 選択肢・とりあえずおごる

九峪「じゃあ愛宕、今日はオレがおごるから、お腹いっぱい食べていいよ」
愛宕「ホント?今日はめずらしくやさしいんだね」
九峪「いや、このあいだは愛宕に悪いことしちゃったなって思ったからね」
愛宕「うふふ。じゃあ許してあげる」
九峪「よかった!」
(やれやれ、なんとか機嫌が直ったぞ)
 肩をすくめてみせる九峪。

(悲しみの時)
九峪「愛宕はどうも元気がないな・・・誘っても大丈夫かな・・・とりあえず、行くだけ行ってみるか」
兵士「九峪様、それはお待ち下さい。愛宕様は気分がすぐれないと、部屋に引きこもっておられます」
九峪「やっぱりそうか。じゃどうすればいいんだ・・・」

 選択肢・あきらめて他の女の子を誘うか

九峪「しかたがない。しばらくほうっておこう・・・」

 選択肢・よし! 志野にはげましてもらおう

兵士「はい! 志野様をお呼びします」
志野「・・・愛宕さんの元気がないそうですね」
九峪「ああ、そうなんだ。そこでオレと一緒に愛宕を励ましてほしいんだ」
志野「・・・わかりました。

志野「愛宕さん・・・近頃、元気がないって・・・みんな心配してます」
愛宕「志野サマ・・・ごめんなさい、心配かけちゃって・・・」
志野「早く元気になって一緒に踊りましょうね」
愛宕「うん、ありがとう。志野サマのおかげで少し元気になれたよ」
志野「お礼なら・・・九峪さまに・・・」
九峪「・・・よお」
愛宕「九峪サマ・・・」
志野「愛宕さんが元気がないので、わたしに励ますようにって・・・」
愛宕「九峪サマが・・・?」
志野「では、わたしはこれで・・・」
九峪「お、オレも行くよ・・・愛宕、元気出せよ」
愛宕「・・・うん! ありがと!」


<天目>

(怒りの時)
九峪「天目のやつ、だいぶ怒っていたな。ここは上手くフォローが必要だな。なあ、天目はどこへいったんだ?」
兵士「はい、町の方へ行かれたようですが」
九峪「やけ食いでもしに行ったかな」

 夜、屋台のおでん屋でやけ食い中の天目。
天目「まったく、九峪様ときたら・・・あたくしを怒らせるなんて、いい度胸なさってますわね!」
九峪「よう、天目」
天目「あーら、九峪様。なにかご用ですの?」
九峪「い、いや、別に・・・それにしてもいい食いっぷりだな」

 選択肢・オレも対抗して食べる

九峪「ようし。じゃオレも負けてられないな。食べるぞ!」
天目「邪魔しないでくださいます?」
九峪「天目がおいしそうに食べてるから、オレもお腹すいちゃってさ」
 屋台に手を着き、立ち上がる天目。
天目「そうですか! では、ごゆっくり!!」
九峪「あっ天目もう食べないのか? もったいないな」
町人「すみませんがお連れの方ですか?」
九峪「え? ええ・・・」
町人「あの、さきほどのお客様はお代がまだなのですが・・・」
九峪「へ?」

 選択肢・とめる!

九峪「もう、やめときなよ・・・でないと太るぜ」
天目「大きなお世話ですわ!それにあたくし、もともと太らない体質ですので、ご心配なく!」
九峪「そんなに怒らないでくれよ」
天目「まだ、なにかご用ですの?」
 困っている九峪。
九峪「いや。気がすむまで食べてていいけど、食べ過ぎて歩けなくなるなよ・・・」
天目「うるさいわね!」

 選択肢・とりあえずおごる

九峪「わかった、わかった。今日はオレがおごるから、心ゆくまで食べてくれ!」
天目「あら、珍しいこともございますわね。どういう風の吹き回しですの?」
九峪「いや・・・・やっぱりこのあいだはオレが悪かったかなぁ〜って思ったから、おわびのしるしにね」
天目「まあ、今日はやけに素直なんですのね」
九峪「うん、怒った顔もいいけど、やっぱり天目は笑顔が一番きれいだからね」
天目「うふふ・・・わかってるじゃありませんの」
九峪「ああ、まあね」
(やれやれ、なんとか機嫌がなおったぞ・・・)
 

 こうしてみると、志野と愛宕は「よきライバル」だということが分かりますね。只深と嵩虎が仲が良いのは、やはり同じ内政を受け持ってるからでしょうか。
 
 イベントのセリフの抜き出しは、大体はHAL93さんからの情報です^^やけ食いはオマケで見ることが出来ますが、他のはゲーム中でないと見れませんからね〜。
 ホントに貴重な情報、ありがとうございました!