初 詣


 1月第1週に発生する、初詣イベント。その誘いに来るときのセリフと、初詣時のセリフです。亜衣のみ、ちびキャライベントになっています。
 ただし、亜衣と天目以外には「他の女の子と仲良くなりたい」という選択肢もあるのですが、こっちは載せていません。結果としては、どの女性からも殴られ罵られますが・・・見たい人は、いないでしょうし(汗)
 九峪や恋人候補達の、普段のイベントにはない本音や性格が見える、この初詣。隠れた重要イベントだと思います。


女王候補以外はこちらから


<伊万里>

伊万里「九峪様」
九峪「やあ、伊万里。今年ももうすぐ終わりだね」
伊万里「そうですね。山に登ってもなかなか、狩りの獲物に出会わなくなりました」
九峪「ああ、そうか。気がつくと冬か・・・あんまりのんびりもしてられないな。オレが、ここに来て狗根国と戦い始めて、だいぶ日がたってるもんな」
伊万里「早く狗根国を追い出し、平和な九洲で春を迎えたいですね」
九峪「がんばらなくっちゃな」
伊万里「そうだ、九峪様。戦勝祈願の意味でも、わたしと初詣に行きませんか」
九峪「初詣か、いいね」
伊万里「九峪様の予定もあると思いますが、ぜひ、一緒に行きましょうね」

九峪「あけましておめでとう。きれいな初日の出だったね」
伊万里「ええ」
九峪「伊万里はなにを祈ったの?」
伊万里「うふふ、内緒です。そういう九峪様はなにを祈ったんですか?」

 伊万里とより親密に

九峪「い、いや・・・その・・・ただ、伊万里が健康で無事でありますようにって、ね」
伊万里「えっ? うふふ。実はわたしも九峪様のご無事を祈ってました」
九峪「そ、そうなの? うれしいなぁ」
伊万里「来年もまたその次の年も、九峪様と初詣に来たいな」
九峪「えっ? なに?」
伊万里「いいえ、なんでもないです・・・さ、九峪様、行きましょう」
九峪「おい伊万里! なんだよ、急に走り出しちゃったりして。でも伊万里のやつ、嬉しそうだな。来年も、その次の年も、か・・・いつまでもここにいられるわけじゃないのに・・・帰りたいのはやまやまだけど、帰るのがもったいなくなってきたな」

 耶麻台国の復興

伊万里「やっぱり、耶麻台国の復興が気になるんですね」
九峪「ああ、一応オレは総大将だからな。それに戦勝祈願で初詣に来たんだもの」
伊万里「そうですね。九峪様は少しでも早く耶麻台国が復興して九峪様の世界に戻ることが願いなんですよね」
九峪「ああ、それもあるな」
伊万里「九峪様はその世界でも、さぞたいそうな地位の方なのでしょう?」
九峪「いいや、特には・・・」
伊万里「だったら! この国にとどまればいいのに。ここなら九峪様は神の遣いです。九峪様を総大将として強い国をつくり、争いのない平和な世界をつくりたい。そうは思わないのですか?」
九峪「ははは、そんなガラじゃないよ。それにもともとオレはここの住人じゃないしな」
伊万里「・・・そうでしたね。ごめんなさい、へんなこと、言ってしまって」
九峪「いいさ伊万里。さて、そろそろ帰ろうぜ」
伊万里「ええ」


<志野>

志野「あの・・・九峪さま」
九峪「やあ、志野。今年ももうすぐ終わりだね」
志野「みんな、年を越す準備で大忙し・・・ですけど、九峪さまは?」
九峪「え? オレ? まぁ、後でやろうかなって」
志野「もう、九峪さまは・・・後って、いつなんですか?」
九峪「そのうち・・・」
志野「わかりました。もうなにも言いません。お好きになさってください」
九峪「そんなぁ・・・でさぁ・・・志野、なにか用じゃなかったの?
志野「あんまり九峪さまがだらしないから、危うく用件を忘れてしまうところだったじゃないですか・・・・。来年こそは狗根国との戦いに終止符を討てるようにって、戦勝祈願の意味もこめて初日の出を見にいくのですが・・・九峪さまもご一緒にどうかと思ったんです」
九峪「戦勝祈願か・・・たしかに、今年こそは大願成就といきたいもんな・・・」
志野「お待ちしておりますから・・・まずは、この部屋をかたづけてからいらしてくださいね」
九峪「・・・はい・・・」

九峪「あけましておめでとう。きれいな初日の出だったね。
志野「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」
九峪「こちらこそ・・・よろしくたのむよ。耶麻台国復興のためには志野の力は欠かせないからね」
志野「はい、非力ながらお手伝いさせていただきます」
九峪「ところでさぁ、もちろん、お願いってそれだけじゃないよね・・・。ほら、いろんなことあるじゃん。志野だって、そういうのお願いしたんだろ?」
志野「もう、九峪さまったら、そういう話題、好きですねぇ」
九峪「そんなことないさ・・・」
志野「そういう九峪さまのお願いはなんなんです?」
九峪「お、オレ?」
志野「そうです。人にものを尋ねるときは、まず自分からですよ」
九峪「わかったよ。オレは・・・」

 志野とより親密に

九峪「志野がケガなんかしないようにって。いつでも、会えるようにって」
志野「ありがとうございます、九峪さま。うれしいです。あの・・・わたしも九峪さまのことをお願いしたんです・・・」
九峪「ほんと?」
志野「九峪さまが、フラフラしててケガなんてしませんようにって」
九峪「フラフラ?」
志野「フラフラです」
九峪「そうかぁ、フラフラしてるかぁ・・・」
志野「それと・・・来年も・・・またその次の年も、こうやって九峪さまと初詣にいけたらなって」
九峪「えっ? なんだって」
志野「ふふふ、なんでもないです。さ、九峪さま、行きましょう」
九峪「おい志野、ずるいぞぉ。ちゃんとオレは言ったのに、逃げるなぁ」
志野「早くしないと珠洲におせち料理、みんな食べられちゃいますよ」

 耶麻台国の復興

志野「そうですね。まずは、耶麻台国を復興させなくてはならないんですよね」
九峪ああ、一応、オレは総大将だからな。それに戦勝祈願に来たんだもの」
志野「あの・・・九峪さま。九峪さまは、耶麻台国が復興したらご自分の世界に帰られるのですか?」
九峪「そうなる・・・かな」
志野「・・・あの・・・九峪さま・・・」
九峪「なんだい、志野・・・」
志野「わたし・・・九峪さまが帰れるようにがんばります・・・精一杯・・・」
九峪「志野・・・その、オレ・・・」
志野「さみしいです・・・戦争が終わったら、それまでなんて・・・みんなが、九峪さまを必要としているのに・・・帰っちゃうなんて・・・さみしいですよ」
九峪「オレを・・・」
志野「九峪さまが怒るから・・・九峪さまが笑うから・・・泣いたりするから!みんな、九峪さまを近くに感じたんです」
九峪「・・・・・・」
志野「すみません。どうかしてますね、わたし・・・九峪さまを困らせることばかり言って・・・」
九峪「志野・・・」
志野「すみません。気分がすぐれないので、今日は失礼します・・・」
九峪「帰る、か・・・」


<星華>

星華「九峪様」
九峪「やあ、星華。今年ももうすぐ終わりだね」
星華「ええ、みんな、年越しと新年の準備で大忙しみたいですね」
九峪「そうだよね。オレも、大掃除とかしなくちゃな」
星華「お手伝いしましょうか?」
九峪「ほんと!? いやぁ、助かるなぁ」
星華「・・・いいえ、やっぱり、九峪様がご自分でなさってください」
九峪「やっぱり・・・」
星華「日ごろからきちんと片付けていれば、こんなに散らかるはずないんですよ。だからあれほど・・・」
九峪「そ、そうだ。星華、今日はな、なんの用だい?」
星華「・・・初日の出を見に行きません?」
九峪「初日の出?」
星華「狗根国との戦いも厳しく、耶麻台国復興のためにも、まだまだ辛い日々が続きます」
九峪「そうだな・・・」
星華「ですから、初日の出に戦勝を祈願しにまいりましょう」
九峪「ああ、わかったよ」
星華「九峪様の予定もあるかと思いますが、ぜひ、一緒に行きましょうね」

九峪「あけましておめでとう。きれいな初日の出だったね」
星華「九峪様のおかげで、また新しい年を迎えることができました」
九峪「そんな、大げさだよ、星華は」
星華「少なくとも、私にとっては九峪様の・・・」
九峪「・・・そ、それより、星華はなにを祈ったの?」
星華「耶麻台国軍、みんなの無事と・・・」
九峪「それと、なに?」
星華「あとは、九峪様のを聞いてからです」
九峪「あ、ずるいぞ、星華はぁ。わかったよ・・・オレは・・・」

 星華と仲良くなりたい

九峪「そ、その・・・星華がケガなんかしないようにって、いつでも、会えるようにって」
星華「私は大丈夫ですから・・・安心してください。それより、私は九峪様のほうが心配です。いつもドジばっかりだから・・・」
九峪「そ、そんなことはないさ。最近はいろいろ慣れてきたし、これから本領発揮ってところだよ」
星華「ほんとうかなぁ?」
九峪「ほ、ほんとうさ。星華、見ててくれよ」
星華「はい、わかりました」
九峪「それより、星華のお願いは?」
星華「来年も、またその次の年も、こうやって九峪様と初詣にこれたらなって」
九峪「えっ? なんだって」
星華「ふふふ、なんでもないです。さ、九峪様いきましょう」
九峪「おい星華、ずるいぞぉ。ちゃんとオレは言ったのに。逃げるなぁ」
星華「早くしないと、お雑煮なくなっちゃいますよぉ」

 耶麻台国の復興

星華「そうですね。まずは、耶麻台国を復興させなくては・・・」
九峪「ああ、一応オレは総大将だからな。それに戦勝祈願で初詣に来たんだもの」
星華「九峪様は、耶麻台国を復興したら、ご自分の世界に戻られるのですね」
九峪「そうなるのかな・・・」
星華「狗根国を九洲から追い出せば、それで終わりなのですか?」
九峪「終わりってわけじゃないだろうけど・・・」
星華「でも九峪様は戻られてしまう・・・」
九峪「星華・・・」
星華「狗根国に傷つけられた町や村、人々が残っているのに・・・その傷が癒えてこそ耶麻台国は復興したと言えるのでは?戦いが終わってからが、真の意味での復興の始まりなのではないですか?」
九峪「それはそうだろうけど・・・」
星華「九峪様を 頼りにする人たちがいるのに、皆があなたを必要としているのに。私だって・・・・・・」
九峪「・・・・・・」
星華「どうかしてますね・・・私・・・九峪様を困らせることばかり言って」
九峪「星華・・・」
星華「ごめんなさい。気分がすぐれないので、今日は失礼します・・・」
九峪「帰る、か・・・」


<藤那>

藤那「九峪」
九峪「やあ、藤那。今年ももうすぐ終わりだね」
藤那「ああ、今年も飲み足りなかったな」
九峪「あ、あれだけ飲んでか?」
藤那「九峪が戦場で、あたしにばかり頼るから、忙しくて酒どころではなかったからな」
九峪「そんなことはないぞ」
藤那「とにかく、毎日のんびりと酒を飲みたいな、と。それを祈願しに、初日の出を見に行かないかと誘いに来たのだ」
九峪「動機が不純な気がするぞ・・・」
藤那「いいから、いいから。待ってるからな、必ず来いよ」

九峪「あけましておめでとう。きれいな初日の出だったね」
藤那「ああ、今年もよろしくな。しかし、朝の澄んだ空気の元で飲む酒は格別だな」
九峪「そうだよなぁ。やっぱり最高だよなぁ」
藤那「お、わかるようになったか、九峪も」
九峪「全然」
藤那「まったく・・・これなら九峪が早く成人するよう祈願するのだったな」
九峪「それはいくらなんでも無理だ」
藤那「ところで九峪はなにを願ったのだ?」

 藤那とより親密に

九峪「そ、その・・・藤那の無病息災をさ、祈ってたんだ」
藤那「あたしにはこいつがあるからな。酒は百薬の長というではないか」
九峪「それは、適度に飲んだ場合だろ」
藤那「まぁ、あたしには適度な量だから気にするな」
九峪「気にするよ・・・」
藤那「・・・すまないな、心配してもらって」
九峪「藤那・・・って、寝るなよ、おい。いくら、朝早いったってなぁ・・・」
藤那「九峪・・・酒・・・」
九峪「ったく、なんだろうなぁ」
藤那「早く・・・いっしょに飲みたいぞぉ・・・」
九峪「藤那は、今年も相変わらずかぁ。きっと来年も・・・来年かぁ・・・」

 耶麻台国の復興

藤那「やはり耶麻台国の復興が気になるのか」
九峪「ああ、一応オレは総大将だからな。それにオレは戦勝祈願でここに来たんだもの」
藤那「九峪は耶麻台国が復興したら自分の世界に戻るのだろう?」
九峪「そうなるのかな・・・」
藤那「つまらんな・・・実につまらん」
九峪「藤那・・・」
藤那「あたしが女王になったら晩酌の相手でもさせてやろうと思っていたのに・・・」
九峪「・・・・・・」
藤那「まぁ、いい。それが星の巡りというのならいたしかたない。つまらないことを言った。気にしないでくれよ」
九峪「藤那・・・」


<香蘭>

香蘭「九峪様」
九峪「やあ、香蘭。今年ももうすぐ終わりだね」
香蘭「一年、早いのこと。これ強引、矢のごとしね」
九峪「ははは、光陰、矢のごとしだよ。で、どうしたんだ?」
香蘭「初日の出見にいく。九峪様、お願いするね」
九峪「なるほどねぇ。そうだなぁ・・・狗根国との戦いも早く終わらせなきゃならないしな。戦勝祈願にでもいくか」
香蘭「それがいいね。なら香蘭待ってるのこと」
九峪「わかったよ、香蘭」

九峪「あけましておめでとう。きれいな初日の出だったね」
香蘭「今年も香蘭を引きたてよろしくのこと」
九峪「あ、ああ」
香蘭「それより九峪様、一年の芸は元旦にあり言う。なにをお願いしたあるか?」
九峪「え?ちなみに計だけど・・・オレ? いやぁオレはぁ・・・」

 香蘭とより親密に

九峪「香蘭がさ、健康であるようにって」
香蘭「ありがとね。香蘭、がんばる」
九峪「それと・・・もっと、倭の言葉を勉強しろってさ」
香蘭「九峪さま、ひどいね。香蘭、がんばているのに!」
九峪「あははは。まあ、すぐにじゃなくてな、ゆっくりでいいからさ」
香蘭「九峪様、教えてくれるか?」
九峪「もちろん、いいぜ」
香蘭「ほんとか!? やたね」
九峪「ところで香蘭のお願いってなんだ?」
香蘭「香蘭もみんなの健康、願た」
九峪「そうか。で、他には?」
香蘭「他にはないね」
九峪「ほんとなのかぁ?」
香蘭「もう、お願いかなたから、ないね」
九峪「え? なんだって」
香蘭「母上のおせち料理あるね。九峪様も来るね」
九峪「お、いいね。待ってくれよ、香蘭」

 耶麻台国の復興

香蘭「やぱり、耶麻台国復興あるか」
九峪「ああ、一応オレは総大将だからな。それに戦勝祈願しに初詣に来たんだもの」
香蘭「そうね。少しでも早く耶麻台国、復興して、元の世界へ戻ること・・・九峪様の願いね」
九峪「まあな・・・」
香蘭「でも、九峪様、香蘭の弟子・・・帰たら、クンフーできないね」
九峪「香蘭・・・」
香蘭「教えることいぱいある・・・母上から教わたこと、香蘭、あみ出した技・・・まだ、なにも教えてないある・・・伝えてないね。九峪様、クンフー嫌いか?」
九峪「そんなことはないけど・・・」
香蘭「なら、残る。ここで、香蘭と修行する。香蘭、弟子いないとさみしい・・・。・・・わかてる。香蘭、わがまま、ゴメン」
九峪「香蘭・・・」
香蘭「今日は帰るね。失礼するのこと」
九峪「帰る、か・・・」


<只深>

只深「九峪はん」
九峪「やあ、只深。今年ももうすぐ終わりだね」
只深「なんや、まだちいとも片付いてないんやな」
九峪「は、ははは。やる気になればこんなのすぐ片付くぜ」
只深「なら、うちが片付けしてあげまっせ」
九峪「さては、手間賃をふんだくろうとしてるな」
只深「なに言うてますの。うちの狙いは・・・」
九峪「ずばり。オレが貯めてるヘソクリだな」
只深「九峪はん、するどい。見つけたって、謝礼をな・・・」
九峪「残念だが、只深。オレにヘソクリなどない」
只深「そやろ思った。九峪はんに貯蓄なんてあるはずないもんなぁ。まぁ、ええわ。今日は九峪はんを誘いに来たんや。一緒に初日の出、見に行かへん?」
九峪「お、いいね」
只深「無病息災、商売繁盛、連戦連勝を祈願しにいくんや。まぁ、気が向いたらでええから来ておくれや」

九峪「あけましておめでとう。きれいな初日の出だったな」
只深「おめでとさん。今年もよろしゅうな」
九峪「いやいや、こちらこそ・・・丁寧なご挨拶、いたみいります。昨年中はなにかと・・・」
只深「似合わんて、九峪はん」
九峪「やっぱりな。まあ、よろしくってことだな」
只深「ご利益あるとええな、九峪はん」
九峪「そうだな。ところで、只深のお願いってなに?」
只深「いやぁ、内緒ですわ。そういう九峪はんはなにを祈らはったんですか?」

 只深とより親密に

九峪「只深のことをね、いろいろと・・・」
只深「なんや、いろいろって、変なこと考えてへんか?」
九峪「ケガをしないように、とか。サイフをなくさないように、とか。まぁ、細かいことをいっぱいな」
只深「うちはサイフはなくさへんで。いのちより大事なもんや」
九峪「そういや、そうだな。そんなわけないか」
只深「でも、ありがとな。心配してもろうて・・・」
九峪「当然のことさ。ところで・・・」
只深「せやから、うちの願い事は言わへんて。秘密や!」
九峪「う〜、気になるぞ」
只深「言うてしもうて、かなわんかったら恥ずかしいやろ」
九峪「そんなもんかぁ?」
只深「そんなもんや。まったく九峪はんは、よう気がつかへんなぁ。なんで、初日の出一緒に見にきてんねん。ほんま、鈍感やなぁ」
九峪「なにか言ったか?」
只深「ううん、なんでもないのぉ。行きましょ、九峪さま・・・」
九峪「あのな・・・似合わないって、そういうの」
只深「あ〜、失礼でっせ。うちだって、女の子やのにぃ」
九峪「いつもの只深でいいって、いつもの・・・」
只深「ははは、そやな。ほな、行きまっか」

 耶麻台国の復興

只深「そやなぁ。耶麻台国の復興が九峪はんの使命ですもんなぁ」
九峪「ああ」
只深「あのな、九峪はん。もし、耶麻台国が復興したらな、九峪はん、どうするん? 自分の世界に戻るんか?」
九峪「そうなるかな・・・」
只深「つれないなぁ」
九峪「只深・・・」
只深「耶麻台国が復興したかて、まだ、ぎょうさん仕事は残ってるんやで。戦争で壊れた建物なおしたり、治水したり、法律や制度も改めなならん。ぎょうさん、金もかかるし、書類も書かなならん。ほんま、大忙しや」
九峪「そうだよな・・・」
只深「わかってるんやったら、なんで、うちらを置いていってしまうねん。九峪はんを、みんな頼りにしてるんやで。ここまでこれたんは九峪はんのおかげや。みんなそう思っとる」
九峪「オレの力だけじゃない。ここまでこれたのは、みんなの力があったからだ」
只深「かっこつけんといて!」
九峪「只深・・・」
只深「わかっとる。九峪はんに頼ったらあかんて! みんなで力をあわせるんやて! うちがわがまま言うとるって! みんなわかっとるんや・・・。でもな・・・さみしいんや・・・うち、ほんまはさみしいんや」
九峪「まてよ! 只深!」
只深「すんまへん。今は、ほっといてんか」
九峪「帰る・・・か」


<清瑞>

清瑞「九峪」
九峪「よお、清瑞。今年ももうすぐ終わりだな」
清瑞「ああ、この一年、なんとか九峪を無事に守れたな」
九峪「おお、清瑞には感謝してるぜ。しかし、狗根国の奴らを倒さないと安全なんてないんだよなぁ」
清瑞「そうだな・・・どうだ? 神事は大事と言う。初詣に行き、戦勝祈願をしないか?」
九峪「うーん、どうしようかな」
清瑞「行った方がいいと思うぞ」

九峪「あけましておめでとう。きれいな初日の出だったな。今年もよろしく」
清瑞「ああ、まかせておけ」
九峪「ところで清瑞はなにを祈ったんだい?」
清瑞「別に・・・たいしたことではない」
九峪「知りたいなぁ。教えてくれよ」
清瑞「それより九峪はなにを祈ったんだ?」
九峪「オレか? オレなのか?」
清瑞「ああ、九峪というのはおまえしかいまい?」
九峪「オレは・・・」

 清瑞とより親密に

九峪「清瑞の無病息災」
清瑞「な、なにを、私は、お役目に散るのであれば本望。自らがどうなろうと・・・」
九峪「バカいうなって・・・こいつは、オレの願いだ。清瑞がどう思おうと関係ないだろ」
清瑞「九峪・・・」
九峪「すぐにおまえのお役目なんて終わらせてやる。オレにまかせなって・・・」
清瑞「ふっ、たいした自信だな」
九峪「う〜ん、そう言われるとなぁ・・・自信なくなるぞ・・・」
清瑞「まぁ、がんばってもらうぞ」
九峪「よろしくな、清瑞・・・それより、清瑞のを教えてくれよ。なにをお願いしたんだよ」
清瑞「くだらんことだ・・・忍びの私にとってはな。さあ、いくぞ。お役目が続くようになどと・・・なにを考えているのだ、私は・・・」
九峪「おい、清瑞。待ってくれよ!」
清瑞「まったく・・・きびきび動け! これでは、今年も思いやられるぞ」

 耶麻台国の復興

清瑞「耶麻台国の復興・・・まあ、当然だな」
九峪「ああ・・・一応、オレは総大将だからな」
清瑞「耶麻台国が復興すれば九峪は使命を終え、自分のいた世界に還るのだろう?」
九峪「そうなる・・・か」
清瑞「伊雅様からいただいた私のお役目も終わるわけだ。まったく、せいせいするだろうな」
九峪「清瑞・・・」
清瑞「私はどうする? お役目が終わり、私は・・・伊雅様はいない・・・誰が私に命を下す?」
九峪「清瑞は清瑞で好きに、自由に生きればいいじゃないか・・・」
清瑞「それができれば・・・おまえだ、九峪! おまえが伊雅様に代わり・・・」
九峪「オレには他人の人生を縛るなんてできない。柄じゃないよ・・・」
清瑞「そう、そうだな・・・すまなかったな。どうかしてるようだ。悪いが、少しひとりになりたい・・・失礼するぞ」
九峪「耶麻台国が復興したら・・・か」


<上乃>

上乃「九峪様」
九峪「やあ、上乃。今年ももうすぐ終わりだね」
上乃「うん、本当に一年たつのは早いね」
九峪「ああ、そうだな」
上乃「そうだ、九峪様。あたしと初詣に行かない?」
九峪「初詣か、いいね」
上乃「九峪様の予定もあるかも知んないけど・・・一緒に行こうね」

九峪「あけましておめでとう。きれいな初日の出だったな」
上乃「えへへ、そうだね」
九峪「上乃はなにを祈ったの?」
上乃「え〜、内緒だよ。そういう九峪様こそなにを祈ったの?」

 上乃とより親密に

九峪「ただ、上乃が健康で無事でありますようにって祈ったんだ」
上乃「えっ? もぉ、そんなこと言ったってなにも出ないよ」
九峪「別にそういう意味で言ったんじゃないけど・・・」
上乃「えへへ、でも、ちょっと、嬉しかった・・・」
九峪「えっ? なんだって・・・」
上乃「べーつにぃ。さ、九峪様、はやく屋台の方に行こうよ!」
九峪「おい上乃・・・なんだよ、急に駆け出しちゃったりして・・・でも上乃のやつ、嬉しそうだったな。来年も、その次の年も、いつまでもここにいられるわけじゃないのに。ああー、帰りたいのはやまやまだけど、帰るのがもったいなくなってきたな」

 耶麻台国の復興

上乃「やっぱ、九峪様は耶麻台国の復興が大事なんだ」
九峪「ああ、一応、総大将だからな。それに戦勝祈願の意味も込めて初詣に来たんだもの」
上乃「そうだけど・・・あのさ・・・九峪様は早く耶麻台国が復興して自分の世界へ戻るのが願いなんでしょ?」
九峪「そうなる・・・かな」
上乃「つまんない!」
九峪「上乃・・・」
上乃「つまんないよ!」
九峪「なにがだよ・・・上乃」
上乃「だって、九峪様、どっか行っちゃうんでしょ」
九峪「どっかって・・・」
上乃「どっかは、どっか! せっかく、仲良くなったのに」
九峪「そりゃ、オレも・・・」
上乃「ウソつき! どうせ、九峪様はあたしのことなんてどうでもいいんだ!」
 パシッ!平手打ちの音。
九峪「上乃!」
上乃「ごめんなさい・・・」
九峪「ごめんな、オレがはっきりしないから・・・」
上乃「わかってる、わがままだって・・・でも・・・少しだけ、一人にして・・・そしたら、また笑って会えるから・・・」
九峪「帰る、か・・・」


<亜衣>

亜衣「九峪様」
九峪「やあ、亜衣さん。今年ももうすぐ終わりだね」
亜衣「ええ本当に。ときがたつのは早いものですね」
九峪「そうだね。それよりどうしたの。オレになにか用があるみたいだけど」
亜衣「いえ、用というほどのことではないのですが・・・新年ということで、初詣に行こうと思っております」
九峪「初詣か、いいね」
亜衣「九峪様もおひまでしたらご一緒にと思いまして・・・」
九峪「そうか、初詣か・・・そうだね、考えておくよ」
亜衣「お待ちしておりますね。では、失礼します」

九峪「確か亜衣さんから聞いた場所ってここだったと思ったけど・・・なんだか気味悪いところだな」
亜衣「・・・九峪様。あけましておめでとうございます」
九峪「わっ! あ、亜衣さんか、びっくりした・・・あっ、あけましておめでとう。そ、それにしても・・・ずいぶんと古い神社だね・・・」
亜衣「すてきな神社だと思いませんか?」
九峪「う〜ん、すてきっていうよりも不気味って感じだけどね」
亜衣「うふふ、その不気味さがすてきなんじゃありませんか。このただよう妖気、たまりませんわ。さあ、九峪様。この妖気がおさまらないうちにお参りをすませましょう」

 よし、お参りしよう

九峪「(今年こそ、どうか亜衣さんといい仲になれますように・・・)」
亜衣「素晴らしい盆栽とかっこいい土偶に巡り逢えますように・・・」
九峪「亜衣さんはなにを祈ったの? って、口に出していってるじゃん」
亜衣「あら、この世の中、目にしたもの、耳にしたものがすべてとは限りませんわよ」
九峪「そ、そうなんだ・・・」
亜衣「ですから、私が本当になにをお祈りしたかは永遠の謎・・・ところで九峪様はなにをお祈りなさったのですか?」
九峪「えっ、あっ、ああ・・・オレも亜衣さんと似たようなことだよ・・・」
亜衣「そうなのですか。ようやく九峪様の美的センスもよくなってきたようですね」
九峪「そ、そうだね。はは、はははは」
亜衣「ふふふ」

 こんなところ嫌だ

亜衣「まあ! 九峪様にはまだ美的センスが足りないみたいですね。そんな方と一緒にいると、私の美的センスも疑われてしまいますわ」
九峪「ちょ、ちょっと亜衣さん!?」
亜衣「申し訳ありませんがお先に失礼させていただきます!」
九峪「こんなところにおいていかないでくれぇ〜!」

 本当に御利益あるのか?

九峪「(うう、やっぱりまわりが気になってお参りどころじゃないよ・・・)」
亜衣「・・・・・・」
九峪「(いったい、なにをお願いしてるんだ? 亜衣さんは・・・長い、長すぎるぞ)」
亜衣「九峪様のこと、たくさんお願いしておきましたからね・・・」
九峪「そ、それはどうも・・・」
亜衣「・・・祈願の内容を聞きたくないのですか?」
九峪「い、いえ。結構です・・・」
亜衣「つまらないですね。たとえば・・・」
九峪「さ、さあ。お参りもすんだことだしそろそろ戻ろうか」
亜衣「なにを言ってるんですか! これからまだ何カ所もまわるのですよ」
九峪「えっ・・・もう、帰らない?」
亜衣「さあ、早くいかないと日が暮れてしまいますわ」
九峪「わっ、あ、亜衣さん?」


<夷緒>

夷緒「九峪さま・・・わたしに少しお時間をいただけませんか」
九峪「どうしたんだ、夷緒。かしこまっちゃって」
夷緒「もうあとわずかで年も明けます。あの・・・九峪さまは初詣には行かれるのですか?」
九峪「あ、そうだな・・・初詣なんて考えてなかったな。結構、忙しかったから」
夷緒「もし、もしですよ・・・初詣に行かれるのでしたら、わたしも一緒に・・・。・・・一緒に連れて行ってもらえませんか?」
九峪「うーん、そうだな・・・」
夷緒「ダメ・・・ですよね・・・」
九峪「そんなことはないよ。ただ、行けるかわからないから・・・なんとかしてみるよ」
夷緒「あ、ありがとうございます。わたし、九峪さまが来るのをお待ちしてます!」

九峪「夷緒、あけましておめでとう」
夷緒「はい、おめでとうございます。九峪さま」
九峪「それにしても、きれいな初日の出だったな」
夷緒「そうですね・・・」
九峪「ところで・・・夷緒はなにを祈ったの?」
夷緒「わたしですか? 耶麻台国の平和と亜衣姉さまと羽江の健康です。そういう九峪さまこそ、なにをお祈りしたのですか?」

 夷緒とより親密に

九峪「そ、その・・・夷緒がこれからも健康で無事でありますようにって、ね」
夷緒「えっ? 本当ですか。実はわたしも九峪さまのご無事を祈っていました」
九峪「そうか・・・ありがとう夷緒・・・」
夷緒「あと・・・来年もまた次の年も九峪さまと・・・」
九峪「オレと?」
夷緒「い、いえ、なんでもありません。さ、九峪さま、行きましょう。さあ、早く」
九峪「お、おい、夷緒、押すなって。わ、わかったから、ほら・・・」(「来年もまたその次の年も九峪さまと」か・・・そうなるといいな。そうなると・・・)

 耶麻台国の復興

夷緒「やはり、九峪さまは耶麻台国のことが一番なんですね」
九峪「まあ、一応オレは総大将だからね。それに・・・耶麻台国が復興すれば、みんな幸せになるんだもんな」
夷緒「そうですね。そうすれば九峪さまも、自分の世界へ戻ることができますし」
九峪「夷緒・・・」
夷緒「いっそ耶麻台国が復興できなければ・・・。・・・ごめんなさい!」
九峪「・・・・・・」
夷緒「九峪さまが一生懸命この国のことを考えてくれているのに、わたしは・・・」
九峪「夷緒・・・確かにオレは元の世界に帰りたいと思ってる。でも、それだけじゃない。この耶麻台国を・・・夷緒のいる、この国を平和にしたい」
夷緒「・・・・・・」
九峪「それに・・・耶麻台国が復興したからって、絶対に帰れるっていう保証もないし。だから・・・」
夷緒「・・・そうですね。ごめんなさい、九峪さま。わたし、変なことを言ってしまって」
九峪「気にすることはないさ、夷緒。せっかく初詣に来たんだ。もう少し楽しもうぜ、な?」
夷緒「はい」


<羽江>

羽江「九峪さま!」
九峪「やあ、羽江。今日も元気だね」
羽江「うん、大晦日の掃除は私の自動式万能掃除機が大活躍してるから」
九峪「ははは、あいかわらずだな。で、おれになにか用かい」
羽江「うん、あのね・・・わたしと初詣にいってくれないかなぁって思って」
九峪「初詣か、いいね」
羽江「もし、九峪さまが行くときはわたしも絶対連れてってね。絶対だよ!」

九峪「あけましておめでとう、羽江」
羽江「おめでと〜」
九峪「さてと、これからどこいく?」
羽江「それよりもぉ、九峪さまはなにを祈ったの?」

 羽江とより親密に

九峪「羽江が今年も元気でありますようにって祈ったんだ」
羽江「ほんとに! わたしね、九峪さまがケガをしませんようにって・・・」
九峪「羽江は優しいな」
羽江「へへへ、あとね、来年も、またその次の年も、九峪さまと初詣に来れますようにって・・・」
九峪「えっ?」
羽江「えへへへ、もう言わない! 九峪さま、早く行こ!」
九峪「おい、羽江! まったく・・・来年も・・・か・・・」(来れたらいいな、羽江)」

 耶麻台国の復興

羽江「えー、ほんとかな〜。なんだか嘘っぽ〜い!」
九峪「な、なんだよ。聞いてきたから答えてやったのに」
羽江「だって九峪さま、最後の方、ニヤニヤしてたもん」
九峪「っそ、そうか。それは耶麻台国が復興したときのことを想像してだな」
羽江「きゃはは、九峪さま、うろたえてるぅ」
九峪「もう、いいや・・・好きに思ってくれ・・・」


<織部>

織部「九峪」
九峪「やあ、織部。今年ももうすぐ終わりだね」
織部「ああ、どこの家も大掃除に追われてるな」
九峪「この時期って特に用事がなくても、なんとなく忙しい気分になるよな」
織部「バカ言うなよ。盗賊は今が稼ぎどきなんだからな」
九峪「お、おい・・・。今年は稼がなくていいからな」
織部「あったりまえだろ!」
九峪「でもまあ、オレもそんなにのんびりもしてられないな。国力は狗根国のほうが上だ。戦争が長引くとこっちが不利になる」
織部「なるほどねえ。じゃ、縁起かつぎに、おれと初詣に行かねえか?」
九峪「初詣か、いいね」
織部「楽しみにしてるぜ!」

九峪「あけましておめでとう。きれいな初日の出だったな」
織部「そうだな。今年もよろしく頼むぜ、大将!」
九峪「おう、まかせとけ! ところで織部はなにを祈ったの?」
織部「そりゃもちろん商売繁盛だ!」
九峪「おいおい・・・盗賊があんまり繁盛してもらっちゃ困るよ」
織部「それと・・・」
九峪「え?」
織部「や、やっぱり内緒だ! それより九峪はなにを祈ったんだ?」
九峪「オ、オレ? オレはね・・・」

 織部とより親密に

九峪「織部が今年も元気でオレのことを、励ましてくれますようにってね」
織部「あ、あははは・・・照れるじゃねえか。実はな・・・おれも九峪の無事を祈ってたんだよ。なんとなく頼りない大将だけど、今年もケガなんかしないで無事に過ごせますようにってな!」
九峪「悪かったね、頼りなくて・・・」
織部「それと、来年も、その次も、また九峪と初詣ができますようにってな」
九峪「えっ? なんだって?」
織部「なんでもないって。それより、早く行こうぜ! うまいおせちが待ってるからな」
九峪「おーい織部! 気になるから教えろよ!」
織部「ほら早くしろよ! おれは腹減っちまったよ!」

 耶麻台国の復興

織部「そうだよな・・・やっぱり、耶麻台国の復興が第一だもんな・・・」
九峪「ああ、一応オレは総大将だからな。たくさんの人の思いがオレの肩にかかってる」
織部「だけど、その思いだってそれぞれだろ・・・。総大将としてじゃない九峪に想いをよせてる人間だっているのによ・・・」
九峪「え?」
織部「九峪は、耶麻台国を復興したら、自分の世界に帰るんだろ?」
九峪「まあ、そうなるのかな・・・」
織部「でもよ、狗根国の連中を追い出しただけじゃ、まだ終わりじゃねえんじゃねえか?戦争で家を焼かれた奴・・・親をなくしたガキどもがたくさん残ってるんだぜ・・・」
九峪「そうだけど・・・」
織部「そういう連中をほったらかして九峪は帰っちまうんだな・・・おれにだって、もう帰るところはないのに・・・」
九峪「・・・・・・」
織部「悪かったな。変なこと言っちまって・・・おれ、もう帰るな。珍しく早起きしたから眠くなっちまったよ」
九峪「帰る、か・・・」


<音羽>

音羽「九峪様」
九峪「やあ、音羽さん。今年ももうすぐ終わりだね」
音羽「一年なんてあっという間ですね」
九峪「ほんと、あっという間だよなぁ、なんて言ってられないな。まだ狗根国との戦いが終わったわけじゃないし・・・」
音羽「そうですね・・・そうだ、九峪様。ここらで戦勝祈願の意味を込めて、私と初詣にゆきませんか」
九峪「初詣か、いいね」
音羽「九峪様の予定もあると思いますが、一緒に行けたらいいですね」

九峪「音羽さん、あけましておめでとう」
音羽「おめでとうございます」
九峪「しかし、きれいな初日の出だったね」
音羽「そうですね・・・今年はいい年になりそうですね」
九峪「狗根国を追い払って耶麻台国を復興する・・・やらなくっちゃな・・・」
音羽「そうですね。今年こそ・・・」
九峪「それより音羽さんは他にどんなお願いをしたんだい?」
音羽「まずは九峪様が先でしょう」
九峪「オレから?」
音羽「はい、九峪様から」
九峪「わかったよ。オレは・・・」

 音羽さんとより親密に

九峪「みんなが・・・無病息災でいるようにってさ。特に音羽さんがさ・・・」
音羽「ありがとうございます」
九峪「それで・・・音羽さんのお願いってどんなの?」
音羽「え?」
九峪「教えてくれる約束だろ」
音羽「そうでしたっけ?」
九峪「あ、ごまかそうとしてるな」
音羽「べ、別に、ささいなお願いですよ。そんなに、おもしろいものじゃないわ」
九峪「いいよ、それでも聞かせてよ」
音羽「九峪様がケガなどしないで、耶麻台国を復興できますように・・・」
九峪「ありがとう音羽さん」
音羽「それで、来年もこうして初日の出を見たいって・・・その・・・二人で・・・」
九峪「えっ? なんだって・・・」
音羽「いいえ、なんでもないわ。さ、九峪様、行きましょう」
九峪「あ! お〜い、音羽さん」

 耶麻台国の復興

音羽「そうですね。まずは、耶麻台国の復興」
九峪「ああ、一応、オレは総大将だからな。それに戦勝祈願で初詣に来たんだ。他には考えられないよ」
音羽「狗根国を追い出し、耶麻台国を復興させる・・・始めは夢のような話でしたけど・・・みんなと一緒に戦ううち、現実のものと思えてきた・・・」
九峪「そうだよな・・・なんとかなってきたよな」
音羽「もし、その夢がかなったら?」
九峪「え?」
音羽「もし、狗根国を追い払ってこの地に再び、耶麻台国が復興されたとしたら・・・九峪様は自分の世界に戻られてしまうのですね・・・」
九峪「そうなる・・・かな」
音羽「そうですよね・・・九峪様の使命は耶麻台国の復興・・・それが終わるのですから・・・でも、さみしいですね」
九峪「音羽さん・・・」
音羽「自分の存在の大きさがわかっていないんですね、九峪様は・・・あなたを必要とする人たちがいる、国が再び興っても、戦争が終わったとしても・・・」
九峪「オレを?」
音羽「もっと・・・神の遣いとして、誰にも近寄れない方だったらよかったのに・・・それなら、その力に頼ることはあっても、願うことはあっても・・・想うことはなかったのに・・・」
九峪「・・・・・・」
音羽「どうかしてますね・・・わたし・・・九峪様を困らせるようなことを・・・」
九峪「音羽さん・・・」
音羽「すみません。気分がすぐれないので今日は失礼します・・・」
九峪「帰る、か・・・」


<愛宕>

愛宕「九峪サマ」
九峪「やあ、愛宕。今年ももうすぐ終わりだね。愛宕は部屋の片付けとか終わった?」
愛宕「え、あははは。なんだか、どんどん散らかってくみたい・・・」
九峪「あはは、あいかわらずだな。でも、今年はずうっと戦ばかりしていたような気がするな」
愛宕「・・・ねえ、九峪サマ! ボクと一緒に初詣に行こうよ。いくさが早く終わりますようにって」
九峪「そうだね。来年は平和な年にしたいね」
愛宕「楽しみに待ってるね! じゃ、よいお年を!」

九峪「あけましておめでとう」
愛宕「あけましておめでとうございます。今年もよろしくね、九峪サマ!」
九峪「どうしたんだ、あらたまって・・・ところで愛宕はなにをお祈りしたの?」
愛宕「・・・ドジがなおりますようにって」
九峪「あ、あははは!」
愛宕「そ、それとね・・・」
九峪「え?」
愛宕「えへへ、やっぱりナイショ! そういう九峪様はなにを祈ったの?」
九峪「なんだよ、ずるいなあ。オレはね・・・」

 愛宕とより親密に

九峪「愛宕がね、今年も明るく元気で過ごせますようにってね!」
愛宕「ホント!? うれしいな! 実はボクも九峪サマのご無事を祈ってたんだ」
九峪「あ、ありがと、愛宕・・・」
愛宕「それとね、来年もその次の年も、九峪サマと一緒に、初日の出を見られますようにって・・・九峪サマ、行こうよ!ボク、お腹ぺこぺこだよ」
九峪「あ、うん・・・行こうか、愛宕」

 耶麻台国の復興

愛宕「やっぱり・・・耶麻台国の復興が気になるんだ」
九峪「うん、一応オレは総大将だからな。オレが頑張らないと、いつまでたってもいくさが終わらないだろ」
愛宕「そうだよね・・・耶麻台国を復興させて九峪サマの世界へ帰るんだもんね」
九峪「ああ、それもあるな。愛宕こそ故郷に帰りたくないの?」
愛宕「ボクは・・・九峪サマのいないところになんて、帰りたく・・・ないな・・・」
九峪「愛宕?」
愛宕「さ、帰ろうよ。お正月だからって、のんびりしてられないんでしょ?」


<天目>

天目「九峪様」
九峪「やあ、天目。今年ももうすぐ終わりだね」
天目「ええ、もうすぐお正月ですわ! 来年は、ものすごい晴れ着でさらに激しいスタートを切りますわ」
九峪「あ・・・ああ、そうか・・・。それはいいとして、あんまりのんびりもしてられないぜ」
天目「強大な狗根国と長く戦うのはこちらが不利ということですわね」
九峪「ああ、そうだ」
天目「なら九峪様。ここらで戦勝祈願の意味でもあたくしと初詣に行きませんこと?」
九峪「初詣か、いいね」
天目「耶麻台国のため。ひいては、九峪様ご自身のため・・・手をつくさなくてはね・・・」

九峪「あけましておめでとう。きれいな初日の出だったな」
天目「さすがは日輪! このあたくしの称号に使われた名! 美しいわ!」
九峪「と、ところで天目はなにを祈ったの?」
天目「お祈りなど・・・しませんわ」
九峪「おいおい、じゃぁなんのための初詣だよ・・・」
天目「このあたくしに、これ以上なにを望めとおっしゃるの?」
九峪「はぁ・・・今年もこいつはこの調子なのか・・・」
天目「おーっほっほっほ!」


 これらのデータは、HAL93さんから提供していただきました。どうもありがとうございました^^

 他の場所でも述べていますが、「耶麻台国の復興」を選ぶと、次のターンは悲しみ状態になります。見た目は明るく振舞っている羽江もです。ホントに羽江はなんとも思ってないんだ〜、などと誤解しちゃいけません。
 ただ、亜衣と天目は選択そのものがないので、ありませんけどね。

 このイベントを見ると・・・特に「耶麻台国の復興」を選んだときのセリフを見ると、現代に帰るという選択肢が遠ざかっていく〜(^^;