「綺羅充満して、堂上花の如し。軒騎群集して、門前市をなす」
絶頂期、京の都において一門の人々は管弦を楽しみ、
詩歌に没頭し、また政治の中枢で国政を動かしました。
出世を望む者はこぞって平家に取り入り、
“六波羅様(よう)”といっては、平家の人たちの衣装の
着こなしや烏帽子の折り方を真似しました。
平家栄華の残り香を求めて京都を訪ねます。


洛中

六波羅・小松谷西八条法住寺殿京都御所祇園社五条大橋と義経の史跡

洛東

長楽寺雙林寺清水寺清閑寺くろ谷

洛西

嵯峨野祇王寺・滝口寺仁和寺神護寺

洛南

鳥羽殿安楽寿院宇治川平等院

洛北

大原

近江

園城寺義仲寺妓王寺

南都

東大寺興福寺春日社木津長谷寺


Copyright(C)Misturu Nakamaru