「凡(およそ)平家の悪行においては悉くきはまりぬ」
と言われた福原遷都。平安京の古い因習から抜け出し、
平家による新しい政治体制と対宋貿易の拡大を夢見て、
治承四年六月二日、清盛はここ神戸に都を遷しました。
清盛の夢の跡・福原京の遺跡と
悲劇の生田・一ノ谷の合戦跡を訪ねます。



福原京

大輪田泊福原


生田・一ノ谷

生田の森・山の手 一ノ谷




Copyright(C)Misturu Nakamaru