1.平高望の東国下向~桓武平氏の成立


桓武平氏は、桓武天皇の曾孫にあたる高望王が臣籍に下り、平姓を賜って上総介として東国に下向したことに始まる。


2.貞盛による平将門追討~坂東平氏の覇権確立


平高望の孫・貞盛は下野国の押領使・藤原秀郷とともに従兄弟の将門の謀反を平らげ、関東に覇権を確立する。“平将軍”と呼ばれた貞盛の武勇潭。


3.伊勢平氏の“祖”維衡


貞盛の子・維衡は伊勢国に勢力を持ち、その子孫は“伊勢平氏”と呼ばれた。平家と伊勢とのつながりについて検証する。


4.正盛の登場~平氏全盛期の幕開け


清盛の祖父に当たる正盛は、白河院に奉仕することで院の側近としてのし上がっていく。清盛を頂点とする平氏の栄華はここから始まった。


5.忠盛から清盛へ


忠盛は大国の受領を歴任し巨万の富を得、また海賊追討を通じて西海での覇権を握った。武士として初めて内昇殿を許された忠盛の足跡をたどる。



Copyright(C)Misturu Nakamaru