その一~壇の浦古戦場址

 寿永四年(1185年)二月、義経の奇襲攻撃により屋島を退いた宗盛率いる平家軍は、長門国彦島に陣を構える知盛との合流を余儀なくされます。三月二十四日、源氏軍が大軍を率いて来襲、平家軍はこれを壇ノ浦で迎え撃ちました。戦いは卯の刻(午前六時頃)に始まり、潮流を利用した平家の善戦の前に、源氏軍は苦戦を強いられます。しかし、潮の流れが変わると形勢は一転、相次ぐ味方の離反、義経のセオリー無視の攻撃により、平家軍は惨敗を喫します。清盛の妻・二位尼は八歳の安徳天皇を抱いて入水、一門も次々と海に飛び込み、ここに平家一門は族滅するのです。


本州と九州にはさまれた関門海峡で、源平最後の合戦が繰り広げられた。ここは「早鞆の瀬戸」とも
呼ばれ、 潮の流れが速く、潮流の変化の激しい海の難所。「壇ノ浦はたぎりて落つる塩なれば」。



開戦は、寿永四年(1185年)三月二十四日卯の刻(午前六時)。『吾妻鏡』によると、兵力は源氏軍840余艘に対し、平家軍500余艘だったという。写真右は開戦前、源義経が軍を寄せた満珠島(左)と干珠島。



御裳川の碑
















壇ノ浦の合戦は、平家一の猛将・能登守教経が義経を追いつめ、「八艘跳び」の伝説を生んだ
ことでも知られる。 写真の像は2005年の大河ドラマ「義経」の放映直前に建てられた。
左が教経に追いつめられ見方の兵船に飛び移る義経、右は大碇を担ぎ上げ入水せんとする知盛。


「判官かなはじとや思はれけん、長刀脇にかいはさみ、みかたの船の二丈ばかりのいたりけるに、ゆらりととび乗り給ひぬ」。碇を負って入水する知盛のイメージは、謡曲「碇潜(いかりかづき)」の構想が歌舞伎「碇知盛」に受け継がれ定着したものらしい。



アップで見ると凛々しい2人。『平家物語』によると知盛は鎧二領を着込み、
乳母子の家長と手を取りあって入水したという。



「八艘跳び」像が建てられる以前は、公園中央にこの地味な「壇の浦古戦場址」の碑が建てられていた。
右は公園側にある「平家茶屋」の看板。兜をかぶったフグ(当地では“フク”)が愛らしい。



こちらは平成十六年に立てられた古戦場跡の碑。安徳天皇縁起絵図の壇ノ浦、
安徳帝入水の場面が埋め込まれている。



公園の裏手「みもすそ川別館」
敷地内にある「安徳天皇入水像」。
昭和45年(1970年)に建てられた
備前焼の立派な立像である。





公園内にある安徳天皇入水の碑。表には長門本平家物語所収の二位尼辞世の歌
「今ぞ知る みもすそ川の 御ながれ 波の下にも みやこありとは」が刻まれている。



みもすそ川公園から東へ徒歩10分ほどのところにある「平家一杯の水」。壇ノ浦の合戦で深手を負った平家の武将が、命からがら岸にたどり着いた。水たまりの水を飲んだところ真水だったが、もう一口飲むと塩水になっていた。祠から湧き出る清水は、今も赤間神宮の若水として供えられるという。



古戦場址と赤間神宮の中間に供養塔らしきものがあった(全然違うかも知れない)。
右は赤間神宮前にある 「海峡守護の碇」。「碇知盛」にちなんで海峡の平安を祈る目的で奉られている。





門司から彦島を望む。彦島は屋島とともに瀬戸内の制海権を握る上で欠かせない戦略上の要地。
屋島の合戦に破れた平家主力軍は、彦島の砦を守る知盛と合流、壇ノ浦の海戦に臨んだ。



彦島内の平家の砦があったと伝えられる小山に建てられた「清盛塚」。案内板はあるものの、 自力で探すのは至難。近所の古老も「見たことがない」と言っていた…。

その二~赤間神宮

 安徳天皇を祀る赤間神宮は、明治維新までは阿弥陀寺と称していました。有名な「耳なし芳一」の物語の舞台にもなっています。境内には平家一門の墓である七盛塚や、芳一像を安置した芳一堂があります。また、毎年5月の2・3・4日には安徳天皇を弔い平家一門を偲ぶ「先帝祭」が盛大に催されます。宝物館には安徳天皇像や合戦屏風、長門本平家物語などが収蔵されていて、こちらも平家ファンなら大満足の充実ぶりです。


赤間神宮のシンボルともいえる「水天門」は竜宮をイメージして造られた。
“安徳天皇の玉体は水底に沈んだが、御霊は天上にある”ところからこう呼ばれる。




徳富蘇峯翁は「玉体を水底に
鎮め給ひしも、御霊は天上に
お在しまさば、此の神門を
『水天門』と申し奉る所以
なり」と述べたという。











内側から水天門を眺めると、門の肩越しに関門海峡が望める。先帝祭は、毎年5月2日の安徳天皇御命日を皮切りに3日間にわたって実施。最終日には、舞や神楽などが催される。



本殿の大安殿。赤間神宮は第2次世界大戦で全焼。現在の社殿は戦後、再建された。



平家一門の供養墓がある七盛塚の入口。門の脇に七盛塚に眠る一門の名が刻まれている。



平家一門の墓。前列右から「有盛・清経・資盛・教経・経盛・知盛・教盛」、後列は家の子・郎等で
「家長・忠光・景経・景俊・盛継」、さらに後ろに一門の「忠房・二位尼時子」となっている。




平家一門を偲び、七盛塚には
香華が絶えない。









七盛塚入口にある芳一堂。盲目の琵琶法師、耳なし芳一の像が奉られている。



水天門の脇にある安徳天皇陵の入口。降りしきる雨の中、ひっそりとしたたたずまいだ。



かつて境内にあった売店「平家茶や」(左)。現在は無料休憩所になっている(右)。





下関市内の高杉晋作終焉地近くにある厳島神社。平家一門が
安芸の厳島神社を勧請し、合戦後社殿が建立されたといわれる。




下関駅前の陸橋上にある
「平家踊りの群像」。
先帝祭の上臈道中と並ぶ、
下関市の代表的行事。








義経が壇ノ浦の戦いに先立ち、戦勝祈願を行ったといわれる大歳神社。もともと有明山(JR下関駅付近の線路敷)に鎮座していたが、昭和15年に、下関駅から5分、国道9号線沿いの現在地に遷座された。社殿の左脇に義経が弓を引いている姿を描いた黒御影石のレリーフが飾られている。
壇ノ浦みやげ1「赤間神宮 源平合戦図録」
 やはり、赤間神宮は平家グッズの宝庫でした。中でもオススメなのがこれ。赤間神宮が所有する豊富な絵図や屏風、肖像画などの多くをカラーで紹介した本です。内容は安徳天皇縁起絵図、源平合戦絵図、源平合戦図屏風、平家一門画像がカラーで掲載されているほか、錦絵がモノクロで紹介されています。これだけの内容の合戦絵図をカラーで見ることができるのは、おそらくこの本だけではないでしょうか。また、一門の肖像画のうち、経盛や教盛など、どの本でも見ることのできないものがわんさか載っています。レイアウトもケレン味のないシンプルな構成でとても見やすいです。しかも、これだけの内容にかかわらず、たったの2,500円なのです(ちなみにこれの簡易版のようなのも800円で売っていました)。平家ファンは、今すぐ赤間神宮へ走れ!


壇ノ浦みやげ2「赤間神宮 絵はがき」
 定番の絵はがき。赤間神宮のシンボルである水天門をはじめ、耳なし芳一像のほか、同神宮所蔵の合戦図や人物図などの絵画もあり(一部、平家蟹もあり…)、バランスのとれた構成。画質も良好です。赤間神宮の魅力を凝縮した内容で、安く済ませたい人には最適。





格式の高さを
偲ばせる気品が…


壇ノ浦みやげ3「先帝祭 うちわ」

 こちらは変わり種のおみやげ。先帝祭期間中だけ(たぶん)売られるうちわです。100円というリーズナブルさのおかげで思わず買ってしまいました。ただ、本当に先帝祭の期間限定発売だとしたら、ちょっとしたもんではないでしょうか。部屋に飾っておくのもいいでしょう。やはり赤間神宮には赤が似合うのでしょう。真っ赤です。



壇ノ浦みやげ4「印籠型おまもり」
よくある印籠型のお守りですが、表面にアゲハチョウの紋が入っているのを見逃してはいけない。平家の家紋はアゲハチョウです。つまりこれは、さりげなく平家グッズ化されたマニアックなお土産なのです。是非、買っておきましょう。そもそも、赤間神宮は由緒正しいわりには、社務所で琵琶の形をした土鈴とか、平家蟹の標本(かな?)とか、わけのわからないものを売っています。しかし、厳島でも屋島でも、もちろん京都でも、これほど平家グッズにシフトした(と勝手に解釈している)神社仏閣は見当たりません。やはり、壇ノ浦は日本一の平家スポットなのですね。







この紋所が目に入らぬか!


●参考文献
竹内理三著『日本の歴史6 武士の登場』(中公文庫)/ 日下力監修『平家物語を歩く』(講談社カルチャーブックス)/ 西田直敏著『平家物語への旅』(人文書院)/ 安西篤子他著『源平ものがたり』(学研)


Copyright(C)Misturu Nakamaru