- 戟 -

原四郎の戟へようこそ

※ フレーム対応のブラウザでご覧ください。
【 ENTER 】
! 中国旅行記コーナーOPEN !

 「戟」は魯迅の詩の一節、
「両間一卒を余す、戟を担いて彷徨す」
からとっています。
自由主義的堕落と、混迷の時代を彷徨する
すべての心ある人々に伝えたい。
 主なテーマは、国際情勢、革命運動情報、
中国情勢、毛沢東思想、中国革命史、
文化大革命以後の革命的な社会主義、
共産主義の理論問題、日本史、中国史、
および東洋史全般に渡る歪曲、捏造、
皇国史観の批判などを考えています。
 微力ではありますが、これを読まれた皆さんの
ご批判とご教示を期待しています。
このページの内容の無断転載を禁じます。
動作確認:IE6.0